49型の1サイズのみ展開

ソニー、一部機能の省略で低価格化させた“スタンダード4Kテレビ”「BRAVIA X8000C」

編集部:小野佳希
2015年11月04日
ソニーは、液晶テレビ“BRAVIA”4K対応モデルの新製品として、HDR対応やトリルミナスディスプレイの搭載を省くことなどで低価格化を実現させた「KJ-49X8000C」を11月21日に発売する。価格はオープンだが195,000円前後での実売が予想される。

KJ-49X8000C

画面サイズは49型で、地デジ/BS/110度CSチューナーを2基とスカパー!4Kチューナーを1基搭載。OSにはAndroidを採用し、音声タッチパッドリモコンなどを差同梱する。また、Wi-Fiを内蔵するほかUSB-HDD録画にも対応している。

側面

X9400Cを始めとした他の4Kモデルは2015年内のアップデートによってHDR信号への対応を予定しているが、本機ではこれを省略。また、「トリルミナスディスプレイ」を非搭載としたほか、倍速駆動にも対応しない。なお、x-tended Dynamic Rangeも非搭載で、バックライトの部分駆動にも対応しないが、これらの点は上位機「X9000C」および「X8500C」と同等。

上記のように省いた機能もあるが、4K高画質プロセッサー「X1」と、映像処理エンジン「4K X-Reality PRO」は上位機同様に搭載。同社では「あらゆる映像を4Kの高画質に。様々な4Kコンテンツを楽しめる、スタンダード4Kモデル」だと本機を位置づけている。

スピーカーはバスレフ式で、音声補間技術「DSEE」を搭載。テレビ用アクセサリーとして別途販売されているワイヤレスサブウーファー「SWF-BR100」に対応している。
新着記事を見る
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドSONY
  • 型番49X8000C
  • 発売日2015年11月21日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格195,000円前後)

関連記事