スマホに給電できる「X6」「T3」も

オンキヨー、USBからのハイレゾ再生もできる「X9」などポータブルBluetoothスピーカー3機種

編集部:小野佳希
2015年10月14日
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、USB入力からのハイレゾ音源にも対応する「X9」など、ポータブルBluetoothスピーカー3モデルを11月下旬より発売する。

X9 ¥OPEN(予想実売価格39,800円前後)

X9

Bluetoothによるワイヤレス音楽再生に加えて、USB入力によるハイレゾ音源再生にも対応したモデル。BluetoothはNFCにも対応している。対応コーデックはSBCのみ。

スピーカーは、19mmトゥイーター2基、50mmフルレンジ4基、パッシブラジエーター2基で構成。57Hz〜40kHzまでのワイドレンジ再生が可能で、ハイレゾ音源の再生に対応するとともに、8つのスピーカードライバーを搭載によって音楽をダイナミックに再生するともしている。なお、スマートフォン接続の着信時にハンズフリー通話が可能なマイクも装備している。

内部構造

ヘッドホン端子も搭載し、USB入力でのハイレゾ音源再生時にはハイレゾでヘッドホンへの出力も可能。入力端子にはMicro USB type Bと3.5mmステレオミニを備え、有線でDAP等を接続することもできる。

背面下部にUSB端子を用意。USBからのハイレゾ-ディ尾再生にも対応する

筐体はアルミ製で、本体にはバッテリーも内蔵。バッテリー駆動時は最大10時間連続再生が可能。なおACアダプターが付属し、AC電源での駆動も行える。

X6 ¥OPEN(予想実売価格24,800円前後)

X6


44mmフルレンジスピーカー2基とパッシブラジエーター2基を搭載したモデル。DSPを搭載し音の歪みを抑えるとともに、2つのパッシブラジエーターによって低域再生能力にも配慮している。

スマートフォンなどのモバイル端末を充電できるUSBポートを搭載。また、本機もBluetooth接続したスマートフォンのハンズフリー通話が可能。

再生周波数帯域は65Hz〜20kHzで、最大出力が12W。本機もAC電源のほか内蔵バッテリーでの駆動が可能で、バッテリー駆動の際の連続再生時間は最大8時間。

T3 ¥OPEN(予想実売価格15,800円前後)

T3


外形寸法144W×70H×23Dmm、質量250g、バッテリー駆動のみという小型軽量モデル。バッテリーはUSB経由で充電し、駆動時間は最大8時間。

小型ながら38mmフルレンジスピーカー2基とパッシブラジエーター1基を搭載。再生周波数帯域は100Hz〜20kHzで、最大出力は8W。USB出力端子も備え、スマホなど外部機器への給電が行える。そのほか、スタンドとしても使える着脱式のレザータイプ素材の専用カバーが付属する。

関連記事