SoundLinkアラウンドイヤー型が第二世代に

ボーズ初のNFC対応Bluetoothヘッドホン「SoundLink around-ear II」

編集部:杉浦 みな子
2015年09月04日
ボーズは、Bluetoothヘッドホン“SoundLinkシリーズ”のアラウンドイヤー型モデル「SoundLink around-ear wireless headphones II(以下、SoundLink around-ear II)」を、9月18日に発売する。価格は32,000円(税抜)。

SoundLink around-ear wireless headphones II(ブラック)

SoundLink around-ear wireless headphones II(ホワイト)

Bluetooth対応ヘッドホン“SoundLinkシリーズ”のアラウンドイヤー型モデル第二世代機種で、同社初のNFC対応機種となる。

本体デザインは、ノイズキャンセリングヘッドホン「QuietComfort 25」のデザインフィロソフィーを受け継ぐ形状を投入。カラーはブラックとホワイトの2色をラインナップする。

音質面では「アーティストの演奏をあるがままに耳へ届ける」というボーズの製品開発コンセプトにならい、音楽の再現性を高める独自技術を多数投入。豊かな低音再生を行う「Tri Portテクノロジー」や、独自チューニング技術「アクティブ・イコライザー」、音量レベルに応じて自動的に周波数特性を最適化する「ボリューム・オプティマイズド・イコライザー」などを従来機種から引き続き備えている。

また、音楽再生だけでなく通話も快適に楽しむことができるように配慮。受話音声の音量が環境に応じて自動調整される「アダプティブ・オーディオ・アジャストメント・テクノロジー」や、イヤーカップに搭載する2つのマイクで周囲の騒音のみを低減し自然な音声を相手に伝える「アドバンスド・2マイクロフォン・システム」を搭載している。バッテリー残量などヘッドホン本体の状態を音声ガイドしてくれる機能「ボイス・プロンプト」にも対応する。

Bluetooth対応プロファイルはHFP/A2DP/AVRCP。NFC機能は、右のイヤーカップに対応端末をかざせば簡単にペアリングが行える。最大8台まで端末の登録が可能で、2台までの同時接続に対応する。着信応答や音楽再生操作も、右のイヤーカップに備える操作ボタンで行える。

内部には、充電式リチウムイオンポリマー電池を備えており、約3時間の充電で最大15時間のBluetooth再生が行える。なお、バッテリーが切れた場合でも、通常のワイアードモデルとして使用できる。

【問い合わせ先】
ボーズ・オンラインストア
TEL/0120-002-009

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドBOSE
  • 型番SoundLink around-ear wireless headphones II
  • 発売日2015年9月18日
  • 価格¥32,000(税抜)
【SPEC】●Bluetooth対応プロファイル:HFP/A2DP/AVRCP ●連続再生時間:最大15時間(Bluetooth再生時) ●充電時間:約3時間 ●外形寸法:152W×191Hmm ●質量:195g

関連記事