ブラック/ホワイトの2色展開

ボーズ、通話品質も高めたBluetoothヘッドホン「SoundLink on-ear」

ファイル・ウェブ編集部
2014年09月16日
ボーズ(株)は、Bluetoothヘッドホン「Bose SoundLink on-ear Bluetooth headphones」を9月19日に発売する。本体色はブラックとホワイト。価格は25,000円(税抜)。

「Bose SoundLink on-ear Bluetooth headphones」

独自のテクノロジーにより、軽量・コンパクトなオンイヤー・デザインでありながら、音質を高めたという。

ブラック

ホワイト

新開発のイヤーカップに、ボーズ最新のTriPort テクノロジーを搭載。こにより。小型・軽量でありながら深みのある低音と、全帯域にわたってバランスのとれたサウンドを実現したという。また、さらに進化した独自のアクティブ・イコライザーも内蔵した。Bluetoothの対応プロファイルはHSP、HFP、A2DP、AVRCP。

ハウジング下部にボリュームボタンなどを装備する

電源はリチウムイオンバッテリーで、USBケーブルで充電が可能。約3時間で充電完了し、連続再生時間は約15時間、連続待受時間は約200時間となる。バッテリーが切れた場合でも、付属のスペアオーディオケーブルで使用することができる。

また音楽だけではなく、音声通話も高品位に楽しむことができる2つの技術を採用した。

「アダプティブ・オーディオ・アジャストメント・テクノロジー」は、ヘッドホンの音量と周囲の騒音レベルを比較し、騒音レベルに応じて自動的にヘッドホンの通話音量を最適に調整する。

さらに通話相手に対しては、独自の「デュアルマイクロホンシステム」が効果を発揮。イヤーカップに搭載された2つのマイクにより、騒音の多い場所や風の強い場所でも、周囲の騒音のみを低減し自然な通話音声を相手に伝えることができるという。

新たに音声ガイド機能「ボイス・プロンプト」を搭載。バッテリー残量や接続状況、接続機器や通話相手の情報を日本語音声で知ることができる。さらにBluetooth接続の登録は最大8台まで可能で、そのうち2台と同時に接続できるマルチポイント機能も搭載した。さらに、電源ボタンを一番上にスライドさせると登録された接続機器をマニュアルで選択することもできる。

外形寸法は140W×180Hmm、質量は153g。

【問い合わせ先】
ボーズ株式会社
カスタマーサービス
TEL/0570-080-021
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドBOSE
  • 型番Bose SoundLink on-ear Bluetooth headphones
  • 発売日2014年9月19日
  • 価格¥25,000(税抜)
【SPEC】●Bluetooth対応プロファイル:HSP,HFP,A2DP,AVRCP ●連続再生時間:約15時間 ●外形寸法:140W×180Hmm ●質量:153g

関連記事