ミドルウェア&クラウドサービス

sMedio、家庭用STB等にリモート視聴機能を追加できるミドルウェア「sRAS」提供開始

編集部:杉浦 みな子
2015年05月19日
(株)sMedioは、家庭用STB等にリモート視聴機能を追加できるミドルウェアおよびクラウドサービス製品「sRAS(sMedio Remote Access Solutions)」を提供開始した。

レコーダーやケーブルTV STBなど、デジタル放送の録画再生機器を提供するハードウェアベンダーは、このsRASを採用することによって、リモート視聴サービスの構築に必要な機能をトータル・ソリューションとして利用することができ、短期間での機能実装とサービス開始が可能になる。

sRASは、リモート視聴サービスの開発・提供に必要な「組み込みサーバー用ミドルウェア」「再生アプリ用開発キット」「高い接続性を実現するクラウド・サービス」を一括して提供する。sRASには以下が含まれる。

・デジタル録画機器にリモート視聴サーバー機能を追加するDMSコンポーネント(Linux、Android対応)
・Android、 iOS、Windowsベースのモバイル機器でリモート視聴アプリケーションを開発するためのDMPコンポーネント
・機器同士のペアリング設定を行うためのモジュール
・インターネット経由での接続を行うためのリモートアクセス・ゲートウェイ・モジュール
・家庭用ルーターなどのNAT/NAPT(ネットワーク・アドレス/ポート変換)を越えた接続を可能にするSTUN/TURNクラウド・サーバー

コンテンツ保護、機器間の接続方法は、一般社団法人 次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)による「デジタル放送受信機におけるリモート視聴要件」、および一般社団法人 デジタルライフ推進協会(DLPA)による「リモートアクセスガイドライン」に準拠している。

関連リンク

関連記事