BAMテクノロジー採用のハウジング

iriver、Final Audio Designとのコラボイヤホン「ICP-AT500」

編集部:小野佳希
2015年04月17日
アユートは、iriverとFinal Audio Designがコラボレーションして開発したイヤホン「ICP-AT500」をiriverブランドから本日4月17日より発売した。価格はオープンだが直販サイトでは7,980円(税込)で販売する。また、通常カラーの「パールブラック」に加え、e☆イヤホン限定の「ピュアゴールド」、フジヤエービック限定の「アーバンシックシルバー」も用意している。

ICP_AT500(パールブラック)

Final Audio Design独自の「Balanced Air Movement(BAM)テクノロジー」を採用した、丸みを帯びたラウンドデザインのハウジングと、8mm径のダイナミックドライバーを採用。BAMテクノロジーににより共振の抑制を図るとともに、空気の流れを最適化し、「深くスムーズな低音再生と豊かな空間表現を実現する」としている。

e☆イヤホン限定の「ピュアゴールド」

フジヤエービック限定の「アーバンシックシルバー」

イヤーチップは内側に若干固めの素材を、外側にソフトな材料を使用。これによって快適な装着感になるよう配慮した。S/M/Lの3サイズが付属する。

ラウンドデザインのハウジング

ケーブル部は独自開発のフラットケーブルを採用。タッチノイズを抑制するとともに、強度を高める加工によって断線しづらいのも特徴だという。

音楽をライブで聴いてるかのような感覚に浸ってほしいとの思いから、スピーカーやマイクロホンのグリルメッシュをイメージしてハウジングをデザイン。「精密なハニカムデザインと2トーンの色彩コントラストの調和がデザインのアクセントになっている」としている。

グリルメッシュをイメージしたデザインを採用

周波数特製は20Hz〜20kHzで、出力音圧レベルが95dB、インピーダンスが12Ω。ケーブル長は110cmで、プラグは3極の3.5mmステレオミニ。ケーブルを含む質量は11g。

【問い合わせ先】
アイリバーサポートセンター
TEL/0570-002-220
http://www.iriver.jp/support/inquiry/

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドIRIVER
  • 型番ICP-AT500
  • 発売日2015年4月17日
  • 価格¥OPEN(直販価格7,980円)
【SPEC】●ドライバー:φ8mmダイナミックドライバー ●周波数特性:20Hz〜20kHz ●出力音圧レベル:95dB ●インピーダンス:12Ω ●ケーブル長:1.1m ●プラグ:3.5mm3極ステレオミニ ●質量:11g(ケーブル含む)

関連記事