バーチャルサラウンド機能も

マッドキャッツ、高音質/低遅延のaptX Low Latency対応BTヘッドホン「Swarm」

編集部:杉浦 みな子
2015年03月18日
マッドキャッツ(株)は、高音質/低遅延のワイヤレスコーデック aptX Low Latencyに対応するBluetoothヘッドホン“TRITTON Swarm Wireless Mobile Headset Black”「MC-SWM-WHS-BK」(愛称:Swarm)を3月20日に発売する。価格は14,800円(税抜)。カラーはブラック。

“TRITTON Swarm Wireless Mobile Headset Black”「MC-SWM-WHS-BK」(愛称:Swarm)

上述の通り、低遅延で音声再生できるという「aptX Low Latency」に対応するBluetoothヘッドホン。さらにバーチャルサラウンド機能「AM3D」も搭載している。

Bluetooth機能はマルチポイント接続に対応しており、複数のBluetooth端末を登録できる。イヤーカップ部にはマイクを内蔵し、スマホ接続時にはワイヤレスで通話も可能。イヤーカップの外側には、再生や曲送り、スマホ接続時の通話操作などが行えるインターフェースを設けている。

例えばSwarmを使用してタブレットで動画を鑑賞中に、Bluetooth接続している別のスマートフォンに着信があった場合、Swarmを操作してスマートフォン側との通話に切り替え、通話が終了すると自動的に元のタブレット側の動画再生に戻るといった使い方ができる。充電はUSB経由で、約2時間の充電で最大40時間駆動に対応する。

内部には口径40mmのネオジウムドライバーを搭載する。再生周波数特製は20Hz〜20kHzで、インピーダンスは16Ω。

なお、Bluetooth以外に有線接続での音声入力にも対応。製品には3.5mm 4極端子と3.5mm 3極ピンク&グリーン端子のケーブルを付属しており、PCやゲーム機などと有線接続して使用することができる。

【問い合わせ先】
マッドキャッツ カスタマーセンター
TEL/0570-00-2289
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドMADCATZ
  • 型番MC-SWM-WHS-BK
  • 発売日2015年3月20日
  • 価格¥14,800(税抜)
【SPEC】●ドライバー:φ40mmネオジウムドライバー ●再生周波数特製:20Hz〜20kHz ●インピーダンス:16Ω ●充電時間:約2時間 ●連続駆動時間:最大40時間

関連記事