質量145gの軽量設計

Noisehush、Bluetooth対応ノイズキャンセリングヘッドホン「i9」

編集部:近藤 貴彦
2015年03月04日
(株)FOXは、同社が取り扱うNoisehushブランドのBluetooth対応ノイズキャンセリングヘッドホン「i9」を発売した。価格は15,741円(税抜)。

i9

i9はBluetoothと有線のどちらにも対応しており、ステレオミニプラグオーディオケーブルと1/4インチステレオプラグ変換アダプターが付属する。入力端子は3.5mmステレオミニジャック。また、デュアルプラグ変換アダプターも付属するため、機内エンターテインメントもi9で楽しむことができる。

3.5mmステレオミニジャックを備える

Bluetoothのバージョンはver.3.0、対応プロファイルはA2DP/AVRCP/HSP/HFP。CSR社製Bluetoothチップ「CSR8645」を搭載し、apt-Xに対応。Bluetooth通信距離は約10m。伝送帯域は10Hz〜22kHz。

内部には40mmのネオジウムドライバーを搭載。出力音圧レベルは105dB、再生周波数帯域は8Hz〜22kHz、オーディオインピーダンスは32Ω。

低反発イヤーカップの採用と軽量設計により、長時間の使用でも耳や頭部への負担の少ない快適な掛け心地を実現したとアピール。リチウムポリマー充電池を内蔵しながら、145gという軽さを実現した。

電池持続時間はBluetoothのみで約15時間、ノイズキャンセルのみで約30時間、Bluetooth+ノイズキャンセルで約12時間。充電時間は約3時間。充電は付属のmicro USBケーブルで行う。

持ち運び用にスモールメッシュバック、ハードシェルケースが付属する。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドNoisehush
  • 型番i9
  • 発売日2015年3月3日
  • 価格¥15,741(税抜)
【SPEC】●ドライバー:40mmネオジウムドライバー ●Bluetoothのバージョン:ver.3.0 ●対応プロファイル:A2DP/AVRCP/HSP/HFP ●出力音圧レベル:105dB ●再生周波数帯域:8Hz〜22kHz ●インピーダンス:32Ω ●オーディオ入力:3.5mmステレオミニジャック ●連続再生時間:Bluetoothのみ…約15時間、ノイズキャンセルのみ…約30時間、Bluetooth+ノイズキャンセル…約12時間 ●充電時間:約3時間 ●質量:145g

関連記事