ヘッドホンアンプとTHD出力スイッチ付き

ESS、DSD 11.2MHz対応の統合チップ「SABRE9018Q2C」発表

  • Twitter
  • FaceBook
ファイル・ウェブ編集部
2015年01月09日
ESS Technologyは、DSD 11.2MHzに対応する32bitの統合DACチップ「SABRE9018Q2C」を開発したと、米国ラスベガスで開催中の「2015 International CES」で発表した。

SABRE9018Q2Cは、ポータブルオーディオプレーヤーのほか、携帯電話やタブレットなどの製品への搭載を想定しているモバイルアプリケーション向けのDACチップ。5mm×5mmのサイズにヘッドホンアンプと超低THD出力スイッチを搭載するという統合型のもので、仕様はESSの32-Bit HyperStreamアーキテクチャーを採用しており、11.2MHzのDSD、384kHz/32bitのPCMデータまで対応する。

SN比は121dB、THD+Nは-115dBを実現するとのことで、49mW(32Ω時)までのヘッドホン出力環境に最適としている。

内部チャージポンプを用いることにより、+3.3Vの単一電源でグランド基準出力をサポート。大型DCブロッキングコンデンサーなども不要としている。

関連記事