組み合わせにマッチするスピーカー2機種も発売

パイオニア、ネットワークプレーヤー機能搭載ハイコンポ「XC-HM82」− BTやAirPlayにも対応

ファイル・ウェブ編集部
2014年10月02日
パイオニアは、ネットワークプレーヤー機能を搭載したハイコンポ「XC-HM82-S」と2ウェイスピーカー「S-HM82-LR」「S-HM62-LR」を10月下旬に発売する。

いずれもIFAで登場していたモデル(関連ニュース)。


XC-HM82-SとS-HM82-LRを組み合わせたところ。
「XC-HM82-S」はオープン価格だが48,000円前後での販売が予想される。Wi-Fi内蔵でDLNAに対応しネットワークプレーヤーとしての使用が可能。ハイレゾ音源(FLAC/WAV/AIFF…192kHz/24bitまで、ALAC…96kHz/24bitまで)やDSD(2.8MHzまで)の再生に対応する。さらにAirPlayやBluetooth機能(aptX/AACもサポート)も搭載。CDプレーヤーも搭載するなど、盛り沢山の機能を備えている。当初USB-DAC機能を搭載していると記載していましたが、これは誤りでした。お詫びして訂正致します(10/3)

XC-HM82-S

また、2chコンポーネントの思想を受け継ぎ、ノイズの排除を図る「セパレート思想」の筐体構造とすることで、ハイレゾの高音質を存分に再現するという。

DACには同社単品ネットワークプレーヤーでも使われているAKM「AK4480」を採用。DACに供給している5つの電源は、セパレート思想に基づきそれぞれを分離独立させてノイズの発生を抑えたほか、L/Rチャンネルの電源それぞれにPLMキャパシタ(薄膜高分子積層コンデンサ)を採用し、音の表現力向上を図った。

アンプは出力50W+50W。パワーアンプ部には同社「A-70」などにも使われている「Direct Power FET」搭載のクラスDアンプを採用。半導体チップを基板に直結させることで回路のクリーン化を図り、ヒートシンクレス化を実現したという。

オペアンプはLch/Rch用をそれぞれ独立させて搭載することで、チャンネル間干渉を防ぎセパレーションを高めている。

前述のとおり「セパレート思想」の筐体構造を採用。電源はデジタル用とアナログ用を独立して搭載。アナログ用電源は、パワーアンプ部とプリアンプ部の電源トランスの巻き線を分離させて干渉を抑制している。

メイン基板はCD部・ネットワーク部・レシーバー部の3つの分割して干渉を抑制。グランドはLchとRchを独立させたクリーングランド構造。抵抗を徹底して下げることでクリアかつ低域まで伸びる音再生を実現する。

インターフェースとしてUSBやLAN端子のほか、光デジタル端子や、金メッキ仕上げのスピーカー端子やヘッドホン端子、RCA端子を備えている。

Bluetoothの対応プロファイルはA2DP/AVRCP。aptXやAACにも対応する。本機の電源が切れていても、Bluetooth対応機器からワイヤレス接続すると電源が入るBluetoothオートコネクト機能も備えている。また、AirPlayにも対応している。

そのほか、インターネットラジオの聴取も可能。アプリ「Pioneer Control App」による操作にも対応する。

フロント天面には再生/停止などを行える操作ボタンが設けられている。

ディスプレイは3.5インチフルカラー液晶で、CDジャケットの表示も可能。筐体は2mm厚のアルミフロントパネルを使用し、高さ90mmでPC周りのデスクトップ環境にもマッチするとしている。スマホやiPhone/iPadを設置できるスタンドも付属する。

スピーカー2機種はどちらも40kHzまでの再生に対応

スピーカー「S-HM82-LR」ははオープン価格だがペアで21,000円前後での販売が予想される。25mmソフトドームトゥイーターと120mmグラスファイバーコーンウーファーの2ウェイ構成。40kHzまでの周波数帯域再生に対応し、日本オーディオ協会が定める「ハイレゾ対応機器」にも当てはまる。

S-HM82-LR

スピーカー端子は金メッキ仕上げ。エンクロージャーは堅牢で厚みのあるつくりとした。外形寸法は156W×266H×258Dmm。

「S-HM62-LR」はペアで16,000円前後での販売が予想される。25mmソフトドームトゥイーターと120mmコーンウーファーの2ウェイ構成。こちらも40kHzまでの再生に対応する。スピーカー端子は金メッキ仕上げのスクリュータイプ。

S-HM62-LR

キャビネットはインテリアに馴染むブラウンカラー。外形寸法は156W×241.15H×243Dmm。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルネットオーディオプレーヤー
  • ブランドPIONEER
  • 型番XC-HM82
  • 発売日2014年10月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格48,000円前後)
【SPEC】●出力:50W+50W ●Bluetooth対応プロファイル:A2DP/AVRCP ●対応コーデック:aptX/AAC
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドPIONEER
  • 型番S-HM82-LR
  • 発売日2014年10月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格ペア21,000円前後)
【SPEC】●使用ユニット:25mmソフトドームトゥイーター、120mmグラスファイバーコーンウーファー ●外形寸法:156W×266H×258Dmm
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドPIONEER
  • 型番S-HM62-LR
  • 発売日2014年10月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格ペア16,000円前後)
【SPEC】●使用ユニット:25mmソフトドームトゥイーター、120mmコーンウーファー ●外形寸法:156W×241.15H×243Dmm

関連記事