JVCケンウッドがマイクロフォーサーズシステム規格に賛同 − 準拠した4KカメラをNABに参考出展

ファイル・ウェブ編集部
2014年04月07日
JVCケンウッドが、オリンパスイメージングとパナソニックが推進するマイクロフォーサーズシステム規格に賛同し、当規格に準拠した製品開発を行うことが発表された。

これにともない、JVCケンウッドは4月7日から10日まで米ラスベガスで開催される世界最大の放送機器展「NAB 2014」に、マイクロフォーサーズマウントを採用した4K対応レコーダー/プレーヤー分離型カメラレコーダーや、レンズ交換型4Kハンドヘルドサイズカメラレコーダーを参考出展する。

「NAB 2014」の同社テーマは“First on air, First on line”。前述の4Kカメラのほか、海外向け業務用映像システムなどの新製品なども出展される。

関連記事