薄型テレビは41万6千台を出荷

'14年1月の民生機器国内出荷は2ヶ月ぶりプラス成長 − JEITA発表

ファイル・ウェブ編集部
2014年02月20日
(社)電子情報技術産業協会(JEITA)は、2014年1月の民生用機器国内出荷実績を発表した。1月の民生機器国内出荷合計金額は1,145億円(前年比125.3%)と2ヶ月ぶりにプラスとなった。

分野別でみると、映像機器は519億円(前年比122.9%)で2ヶ月ぶりにプラス。音声機器は89億円(前年比95.5%)と14ヶ月連続でマイナスに、カーAVC機器は536億円(前年比136.5%)と6ヶ月連続でプラスとなった。

製品別でみると、薄型テレビは合計41万6千台(前年比124.8%)。サイズ別では、29型以下が10万3千台(前年比84.5%)、30〜36型が14万4千台(同129.5%)、37型以上が16万8千台(同169.0%)となった。また、サイズ別構成比は、29型以下が24.8%、30〜36型が34.7%、37型以上が40.5%となった。なお、3Dテレビは7万6千台(同132.7%)、薄型テレビ全体に占める割合は18.3%。インターネット動画対応は21万2千台(同142.3%)だった。

BDレコーダ/プレーヤーの出荷は21万6千台(前年比111.4%)。BDレコーダーが16万9千台(同110.5%)、BDプレーヤーが4万7千台(同114.4%)だった。

オーディオ分野では、ステレオセットは3万6千台(前年比107.5%)で9ヶ月ぶりにプラス。スピーカシステムは3万6千台(前年比125.4%)と7ヶ月連続でプラスとなった。

関連リンク

関連記事