HOME > ニュース > 東芝、全録レコーダー“レグザサーバー”にBDドライブレスで小型化した「D-M470」

「DBR-T460/T450」との3機種を同時発売

東芝、全録レコーダー“レグザサーバー”にBDドライブレスで小型化した「D-M470」

2013/10/08 ファイル・ウェブ編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
東芝は、全録機能「タイムシフトマシン録画」を内蔵したレコーダー“レグザサーバー”新モデルとして、HDDレコーダー「D-M470」とBDレコーダー「DBR-T460/T450」の3機種を10月30日から発売する。本稿ではBDドライブ非搭載のHDDレコーダー「D-M470」について紹介する。

D-M470(2TB)¥OPEN(予想実売価格10万円前後)

D-M470

「D-M470」は2TBのHDDを搭載し、BDドライブなしという仕様を採用したモデル。BDドライブ非搭載とすることなどによって、6月に発売されている「DBR-M490」(関連ニュース)と比べ体積比約3分の1という小型化を実現した。HDDはタイムシフト用最大1.75TB、通常録画用最大1.5TBまで設定できる。

背面端子部

側面

地上デジタルチューナーを全録用に6基、通常録画用に1基の計7機搭載し、デフォルト設定では地デジ6ch分の番組を最大7.5日間分録画できる。また、通常録画用には地デジ1基に加えてBS/110度CSチューナー1基も備えており、これらをタイムシフト用に設定することで、最大7ch分をまるごと録画し、遡って視聴できるようになる。

メニュートップ画面のUI

スタートメニュー

さらに、USB-HDDにも対応。最大1TBまで対応しており、容量の増設によって最大11日間分の録画が行える。

過去の番組表から録画番組を選択して視聴

Wi-Fiを内蔵しており、本機に録画した番組をディスクに保存する場合は、「ネットdeダビングHD機能」を使うことで、BDドライブ搭載のレグザリンクダビング対応機種やライターにダビング可能。

好みの番組を簡単に探せる「ざんまいプレイ」を搭載。マジックチャプター「入」で録画した番組に対して、再生中に「おまかせ」ボタンを押すことでプレイリストを作成することなく本編のみを再生することができる「新おまかせプレイ」機能も備えている。

「ざんまいプレイ」のメニュー

そのほか省エネモードも搭載。「タイムシフトマシン」未使用時の時間帯にタイムシフト用の電源を切るなど省エネに配慮した設計を採用している。

本機のリモコン

なお、「DBR-M490」に対する普及機という位置づけで、前述のようにBDドライブを省略して小型化したほか、録画方式ではMPEG2-PSを省略している。録音方式も「DBR-M490」ではAAC(5.1ch)、ドルビーデジタル(2ch)、L-PCM(2ch)となっていたところをAAC(5.1ch)のみへ変更している。

また、音声出力も「DBR-M490」でのAAC、ドルビーデジタルプラス、ドルビーTrueHD、DTS-HD、L-PCM(7.1ch)から、AACとL-PCM(5.1ch)対応へと変更。SDカードやUSB-HDDから内蔵HDDへのデータダビングにも非対応とした。

USB端子は、タイムシフト録画用、通常録画用それぞれのUSB-HDD増設専用に各1系統ずつの2系統を背面に装備。そのほか端子類はHDMI出力1系統のほか、光デジタル音声出力、映像出力端子などを搭載している。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
製品スペックやデータを見る
  • ジャンルハードディスクレコーダー
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番D-M470
  • 発売日2013年10月30日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格100,000円前後)
【SPEC】●HDD容量:2000GB ●再生可能メディア:内蔵/外付けHDD ●チューナー:地上/BS/110度CSデジタル ●端子:USB×2、映像出力×1、光デジタル音声出力×1、2chアナログ音声出力×1、HDMI出力×1 他 ●消費電力:40W ●外形寸法:361W×50H×217Dmm(突起部含む) ●質量:約2.3kg