ケンウッドからはカーナビやKシリーズなど出展

<IFA>JVC、DLNA/AirPlay/Bluetooth対応新オーディオシステム登場

ファイル・ウェブ編集部:小澤麻実
2013年09月07日
JVCケンウッドブースには、DLNAやAirPlay、Bluetoothに対応したオーディオコンポの新製品「SP-AP1」などが登場している。

JVCケンウッドのブース


「SP-AP1」は11月頃600ユーロ前後での発売を予定。DLNA 1.5/AirPlay/Bluetoothに対応したパワードスピーカーで、四角い筐体の四隅にスピーカーを1基ずつ、そして本体底面中央にウーファーとバスレフポートを備えている。360度方向に音を拡散させて再生できるほか、3つのポジションモードを用意し、指向性を持たせ特定の方向に音を振ることも可能だ。

SP-AP1


四角い筐体の四隅にスピーカーを1基ずつ、そして本体底面中央にウーファーとバスレフポートを備えている
また、こちらも新製品となるBluetooth対応CDコンポ「NX-W5」も展示されていた。欧州での発売は同じく11月頃で、予想実売価格は350ユーロ前後。CD再生のほか、USBメモリ再生や、iOS端末の接続再生に対応する。

NX-W5

上部にはスロットイン式CDドライブを用意

「SP-AP1」「NX-W5」ともにデザイン性を重視したモデル。日本での発売は「検討中」とのことだ。

そのほか、日本でも直販サイトで限定販売されている「esnsy」シリーズのヘッドホンや、「HA-FXZ200」、重低音・タフをコンセプトとしたヘッドホン“XX”シリーズ、同社初のLightningコネクタ搭載&Bluetooth対応“BoomBluster”「RV-NB75」、スポーツカム“ADIXXION”の新商品「GC-XA2」などの展示を行っていた。

日本でも直販サイトで限定販売されている「esnsy」シリーズのヘッドホン

「HA-SZ2000」もEISAアワード受賞モデルとして訴求


D-ILAホームシアタープロジェクター「DLA-X55R」も展示のみが行われていた

欧州モデルのムービーカメラ「GC-PX100」も訴求


重低音・タフをコンセプトとしたヘッドホン“XX”シリーズの展示

同社初のLightningコネクタ搭載&Bluetooth対応“BoomBluster”「RV-NB75」


スポーツカム“ADIXXION”「GC-XA2」はブース入口近くで大きく訴求

沢山の注目を集めていた


ケンウッドブランドからはハイコンポ“Kシリーズ”などが登場


カーエレクトロニクス製品も展示していた

関連リンク

関連記事