HDMI 1.4対応ケーブルで伝送可能

「HDMI 2.0」発表 − 4K/60p対応、32ch音声をサポート

ファイル・ウェブ編集部
2013年09月04日
HDMI Forum,Incは、HDMIの新規格、バージョン2.0を発表した。

HDMI 2.0は、これまでのHDMI規格と互換性を持つ上位規格で、HDMIの最新バージョンとなる。最大18Gbpsまで帯域幅を拡大し、これまでより多くの情報を伝送可能になった。

映像では、4K 50/60 (2160p)の映像を伝送可能になった。また同時に二つのビデオストリームを、同じ画面を見ている複数ユーザーに対して伝送できる。さらに、21対9の映像もサポートした。

音声では32のオーディオチャンネルをサポート。また1,536kHzまでのサンプリング周波数の信号伝送にも対応している。オーディオの複数ストリーム伝送にも対応しており、4つまでのストリームを送ることが可能だ。

また機能面では、映像と音声のダイナミック自動リップシンク機能にも対応。CEC機能も拡張される。

なお、HDMI 2.0規格では、新たなケーブルや端子の定義は行われていない。これまでのHDMI 1.4 HighSpeedケーブルで伝送が行える。HDMI 2.0 の準拠試験仕様(CTS) は2013年末までに発表される予定となっている。

HDMI規格 2.0バージョンのライセンス業務は、HDMI Licensing, LLCが行う。同LLCは、9月6日からベルリンで開催される「IFA 2013」で記者会見を開催し、HDMI 2.0の新機能について説明する。当サイトでもレポートする予定だ。

HDMI Forumは、88社が参加している非営利互恵団体。HDMI 2.0は、同フォーラムが開発した最初の規格となった。「HDMI規格2.0を今回開発したことは、HDMI Forumにとって大きな足跡を残したことになります」とHDMI Forum会長、ソニーのRobert Blanchard氏はコメント。また同会長は「当Forumのメンバーは一丸となって協力し合い、オーディオとビデオの機能を家庭電化製品に拡大させることによって、HDMI規格を一段階上のレベルに到達させることができ、よって大きな成功を収めることができました」とも述べている。

関連リンク

関連記事