ファームウェア ver.4.2配布開始

torneがビデオ検索機能に対応、Twitterライブ機能も復活

ファイル・ウェブ編集部
2013年05月16日
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCEJ)は、PS3用の地デジレコーダーキット「torne」の最新ファームウェアver.4.2の配布を開始した。

今回のアップデートにより、ビデオ画面においてビデオをキーワードで検索できる「ビデオ検索機能」が追加された。番組検索画面と同様に、キーワードを入力履歴から選択したり、任意の履歴をロックして保存することもできる。なお、PS3専用地デジチューナーまたはnasneで録画したビデオは、ビデオのタイトル名および番組説明が検索対象となる。「レコ×トルネ」機能で連携するBDレコーダーで録画したビデオは、ビデオのタイトル名のみが検索対象となる。

「ビデオ検索機能」が追加された

また、3月4日をもって休止していたTwitterの「ライブ機能」が復活した。本機能は、テレビを見ながらその番組に関するツイートを同時に見られるというもの。再開に伴い、選択したツイートを「お気に入りに登録する」機能が新しく追加されたほか、一部のUIデザインが変更された。なお「引用する」ツイート機能は削除された。

Twitterの「ライブ機能」が復活

さらに、「レコ×トルネ」機能でBDレコーダーに接続された外付けHDDの操作にも新たに対応。録画先に外付けHDDを指定したり、外付けHDD内の録画番組の確認や再生を行えるようになった。

そのほかに、設定画面の項目で「torne PlayStation Vita」と統一するため一部の文言が変更されたほか、チャート画面で集計期間を切り替える機能が削除された。

関連記事