DLNAの互換性向上も

SCE、「nasne」をver 1.71にアップデート − PS Vitaのデータ保存など対応

ファイル・ウェブ編集部
2013年04月17日
(株)ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)は、「nasne」ソフトウェアver.1.71を本日より提供開始した。

今回のアップデートは、先日アナウンスされていたもの(関連ニュース)。PS Vitaのメモリーカード内に保存されたゲームのセーブデータ/画像/音楽/ビデオなどのデータをWiFi経由でnasneのHDDヘコピーすることが可能になる。本機能を利用するには、PS Vitaのシステムソフトウェアを、昨日公開されたVer 2.10以上にアップデートしておく必要がある。なお、著作権保護されたコンテンツはコピー不可。

PS Vitaのデータをnasneにもコピーし、バックアップや復元を行うことが可能になった

コピーされたデータはnasneの共有フォルダ内に保存され、PCなどDLNA対応機器からアクセスすることも可能となる。

PS Vita本体もしくは専用メモリーカードに保存されたデータをnasneのHDDに一括してバックアップする機能も追加される。ブラウザのブックマークやアプリケーション、セーブデータなどを保存でき、PS Vita内のデータを消去してしまった場合もバックアップしたデータを復元できる。なおバックアップファイルは、オンラインIDごとに最大10個まで保存可能。トロフィーや著作権保護されたコンテンツはバックアップできない。

そのほかDLNAの互換性向上、システムソフトウェアの動作の安定性向上も行われている。

関連記事