2013年6月末までに移管予定

日立CE、液晶プロジェクター事業を日立マクセルに移管

ファイル・ウェブ編集部
2013年03月01日
日立コンシューマエレクトロニクス(株)は、同社が担当していた液晶プロジェクター事業を2013年6月末までに日立マクセル(株)へ移管することを決定した。

日立マクセルは、光学事業において技術面、販売面での相乗効果を創出し、プロジェクター事業のさらなる強化および高収益化を進めていくという。

この事業移管と合わせて、日立コンシューマーエレクトロニクスと、その子会社である(株)日立情映テック、日立(中国)有限公司が出資し、液晶プロジェクターを製造・販売している日立数字映像(中国)有限公司を日立マクセルの子会社とする予定。事業移管および日立マクセルへの子会社化の方法の詳細については今後両社で検討するとのことだ。

関連記事