日本レコード協会、「ダウンロードOK」「視聴のみOK」「転載OK」示す新エルマーク

ファイル・ウェブ編集部
2012年12月18日
日本レコード協会は、配信される音楽や映像コンテンツの信頼性を表すマーク「エルマーク」を2008年に導入しているが、今回、3種類の新たなエルマークを作成したと発表した。

今回追加されたエルマークは「ダウンロードOK」「視聴のみOK」「転載OK」の3種類のコンテンツの利用形態を示すもの。ストリーミングやダウンロードなど、音楽・映像配信にも様々な方法が存在するが、それぞれのコンテンツがどのように利用できるかをよりわかりやすくするために作成した。

新たに作成した3種類のエルマーク

ロゴマークは「一目で理解できるマーク」になることを目指し、非常口のマークなど多くのデザインを手掛けた太田幸夫氏が制作したという。

各配信サイトのトップページでは、従来どおり「エルマーク+メッセージ+許諾番号」を表示。その先の各コンテンツ画面では、ダウンロードできるコンテンツには「ダウンロードOK」マーク、ストリーミングで楽しむコンテンツには「視聴のみOK」マークが表示される。

関連記事