HOME > ニュース > NHK、放送受信料支払いを求め都内20世帯を提訴

NHK、放送受信料支払いを求め都内20世帯を提訴

2012/12/07 ファイル・ウェブ編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
NHKは、放送受信契約を結ばず受信料支払いを拒否している東京都内の20世帯に対する民事訴訟を東京地方裁判所に提起した。

NHKでは、テレビ受信機を持っていても同局との放送受信契約を結んでいない世帯に対して説得を行い、応じない場合は受信料の公平負担を徹底する観点から、放送受信契約の締結と受信料の支払いを求める民事訴訟を起こすこととしている。

11月22日、「これ以上対応を重ねても自発的に契約していただくことが困難と判断した」とする都内23世帯に民事訴訟の予告通知を発送。このうち20件について、「どうしても契約に応じていただけないため、最後の手段としてやむを得ず」民事訴訟提起に至ったという。

NHKはこれまでにも同様の民事訴訟を6件提起。このうち5件は受信契約が締結されたため、訴えを取り下げた。残り1件については、東京地裁で係属中とのことだ。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック