3モデルで展開

クリエイティブ、192/24対応のPC用サウンドカード「PCIe Sound Blaster Zシリーズ」

  • Twitter
  • FaceBook
ファイル・ウェブ編集部
2012年10月12日
クリエイティブメディア(株)は、新たに192kHz/24bitのステレオ出力にも対応したPC用サウンドカード「PCIe Sound Blaster Zシリーズ」3モデルを10月下旬より順次発売する。

・PCIe Sound Blaster ZxR「SB-ZXR」¥OPEN(直販価格19,800円/税込)2013年1月頃発売
・PCIe Sound Blaster Zx「SB-ZX」¥OPEN(直販価格15,800円/税込)12月頃発売
・PCIe Sound Blaster Z「SB-Z」¥OPEN(直販価格12,800円/税込)10月下旬発売

PCIe Sound Blaster ZxR「SB-ZXR」

クアッドコアオーディオ&ボイスプロセッサー「Sound Core3D」を搭載。カード上に高品質なDACも装備させるなどしている。同社が培ってきた独自の「SBX Pro Studioテクノロジー」とこの新しいカード設計の組み合わせによって高音質化を図ったという。

新たに192kHz/24bit処理のステレオ出力が可能なステレオダイレクト出力モードを搭載。フロントアナログライン出力端子から再生が行える。

最上位の「ZxR」とミドルレンジ「Zx」には、ステレオアレイマイクロフォンを搭載。さらにヘッドホン出力端子とマイク入力端子、ヘッドホンレベルを手元で調整可能なボリュームノブを装備した「Audio Control Module」が付属する。ベーシックモデル「Z」には「Sound Blaster Beamformingマイクロフォン」が付属する。

PCIe Sound Blaster Zx「SB-ZX」

Audio Control Module

なお、最上位「ZxR」はオーディオ出力を主とするメインカードと、ライン入力端子や光デジタル入出力端子を装備したDBProドーターカードの2枚構成を採用している。

「SB-ZXR」の各端子部

PCIe Sound Blaster Z「SB-Z」

また、各モデルとも最大5.1チャンネル出力に対応したアナログライン出力端子を搭載。加えて、最大600Ωインピーダンスのヘッドホンも駆動可能な独立したヘッドホン出力も備えている。

そのほか光デジタル入出力端子も装備。パソコン内のサウンドをDolby DigitalまたはDTS信号にエンコードしてデジタル伝送可能な、Dolby Digital Live機能およびDTS Connect機能により、光デジタルケーブル一本でパソコンをホームシアターシステムに組み込むことができる。

関連リンク

関連記事