HOME > ニュース > <CEATEC>NHKとJEITA、スーパーハイビジョン/22.2chを体験できるコーナーを設置

DXアンテナとマスプロも新製品を出展

<CEATEC>NHKとJEITA、スーパーハイビジョン/22.2chを体験できるコーナーを設置

2012/10/03 ファイル・ウェブ編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
10月2日から6日まで千葉・幕張メッセで開催されているIT・エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2012」。本記事では、NHK/JEITA、マスプロ電工、DXアンテナのブースレポートをお届けする。

■NHK/JEITA

NHKとJEITAの共同ブースでは、スーパーハイビジョン(SHV)のコンテンツを体験できるコーナーを前面に設置している。3,300万画素(7,680×4,320)の映像と22.2chサラウンドを、家庭のリビングで楽しむイメージのデモを展開している。

NHKブースの前面にスーパーハイビジョン(SHV)のコンテンツを体験できるコーナーを設置

ブース内には、静岡大学と共同で新開発した3,300万画素に対応する120Hz SHVイメージセンサーの実物や、22.2マルチチャンネル音声を編集する際に使用する音響ヘッドホンプロセッサーを展示。ヘッドホンプロセッサーは、頭部伝達関数を用いて22.2chサラウンド音声をヘッドホンで再現するもの。中継車などのスピーカー設置に制約のある空間内でも、22.2chマルチ音声をヘッドホンで確認することができる。

120Hz SHVイメージセンサー

22.2chヘッドホンプロセッサー。試聴もできる

また、SHV技術を応用したジオラマ3D双眼鏡を体験できるコーナーも設けている。こちらは、遠方の風景などを人が見たとき以上の立体感を与えることで、映像を臨場感豊かに提供するというもので、観光地などへの導入を目指すという。

SHV技術を応用したジオラマ3D双眼鏡

そのほかに、放送と通信が連携して生まれる多彩なコンテンツや、放送波の番組とネットワークの関連情報を組み合わせることでより豊かに番組を視聴できる「ハイブリッドキャスト(Hybridcast)」の紹介コーナーも。こちらは2013年度中のサービスインを目指しているという。

現在提供中のデータ放送やNHKオンライン、NHKオンデマンドといった、デジタルテレビにインターネットをつないで楽しむことができるNHKのサービスを一堂に集めた展示も行っている。

現在の放送サービス内容を一同に集めている

さらに、日本ケーブルラボによる次世代STB技術仕様「JLabs SPEC-023」に準拠するCATVの次世代セットトップボックスも同ブース内で展示している。


■DXアンテナ

DXアンテナのブースでは、10月10日に発売予定のHDDレコーダー「DXHR500」を参考出展。価格はオープンだが、3万円前後の実売が予想される。

「DXHR500」

地上/BS/110度CSチューナーを2基ずつ搭載し、2番組同時録画に対応。Wオートチャプターに対応する。内蔵HDDは500GBで、外付けUSB-HDDへの録画にも対応する。最大8台までのUSB-HDDを登録することが可能で、4台まで同時接続できる。

映像の記録方式はDRモード(MPEG-2)/AVCモード(MPEG-4 AVC/H.264)。本体サイズは280W×50H×191Dmmで、質量は約1.4kg。消費電力は約15W。

そのほか、壁面取付用アンテナ製品やUHFブースター等の製品に加え、ミリ波伝送システムや、フルHD画像を1本の同軸ケーブルで長距離伝送できるスマートセキュリティシステムなど、同社の技術や製品を一同に集めた充実した展示を行っていた。

壁面取付用アンテナ製品

UHFブースター


ミリ波伝送システムとスマートセキュリティシステムをブース前面でアピール

■マスプロ電工

マスプロ電工のブースでは、先日発表されたばかりの新製品「U146」と「U206」などをはじめとしたUHFアンテナ製品を出展。壁面取付用UHFアンテナ“スカイウォーリー”「U2SWL20」の新色ブラックも参考出品していた。

新色ブラックが加わった「U2SWL20」シリーズ

先日リリースされた「U146」

さらに壁面取付用UHFアンテナとして、シリーズ最高利得を実現した26素子相当の利得性能を備える新製品「U2SWL26」も参考出品されている。同社の最高スペックモデル「U2SWL24」と比較して高利得を確保しながら、本体の薄さを約60%、質量を約70%にダウンサイジングした。年末〜年初での発売を予定しており、1万6千円前後で販売される予定だという。

「U2SWL26」

そのほか、近日発売予定のエリア放送用ワンセグエンコーダーとワンセグ変調器も展示していた。また、セキュリティ機器「カメラ付 お留守番チェッカー HS2CRC2」なども実演展示。「カメラ付 お留守番チェッカー HS2CRC2」は、留守中の家で動いたものをセンサーで感知し、撮影した画像をメールでスマートフォンやPCなどに送信する機能を搭載している。

CSデジタルチューナー2機種

カメラ付 お留守番チェッカー

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE