前日に延期決定

SCE、ネットワークレコーダー「nasne」の発売を延期 − 一部にHDDの破損見つかる【更新】

  • Twitter
  • FaceBook
ファイル・ウェブ編集部
2012年07月18日
ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、あす7月19日に予定していたネットワークレコーダー「nasne」(16,980円/税込)の発売を延期すると発表した。新たな発売日は未定となっている。

nasne(ナスネ)

一部に、本体内蔵の500GB HDDが部分的に破損していることがわかり、延期を決定した。同社では「HDDは工場出荷時に検査しており、破損が輸送時に発生したことはほぼ確実だ。だが、輸送のどの段階で故障が発生したかは現在調査中」(同社広報)と説明。今後、全台数を再検査し、新しい発売日を改めてアナウンスするが、「新たな発売時期の目途についても、現段階ではお答えできない」(同)としている。

nasneは500GBのHDDと、地上/BS/110度CSデジタルチューナーを搭載したレコーダー/NAS機器。同じネットワーク内に接続したPS3や、VAIO専用アプリ「VAIO TV with nasne」で、ネットワークを介して録画番組予約や視聴、放送中の番組の転送視聴などに対応。またSony Tabletからの操作にも対応するほか、PS Vitaや一部のXperiaも年内を目途に対応する予定としていた。

さらに発売当日となる19日には、DTCP-IP対応のDLNAサーバーとして動作するなどの機能増強を図る、システムソフトウェア Ver1.50アップデートを行う予定だったが、このアップデートの実施は中止する。

なお通販などで注文し、すでに出荷されている場合、手元にnasneが届いてしまうこともあるが、同社では回収は行わない。本体が故障しておらず、ユーザー自身が使用を希望した場合は、nasneに内蔵されている、バージョン1.0のシステムソフトウェアを使って使用することができる。また、たとえnasneが壊れていない場合でも、以下の特設窓口から返品や返金に応じるという。


【問い合わせ先】
SCEJインフォメーションセンター
ナスネ特設窓口
(7月19日(木)より開設)
TEL/0570-666-180

関連記事