UBT、オプトマのゲーム用3D対応DLPプロジェクター「GT750」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2012年06月27日
ユニバーサル・ビジネス・テクノロジー(株)は、オプトマブランドから3D対応のゲーム用DLPプロジェクター「GT750」を6月に発売する。価格はオープンだが、10万円前後での販売が予想される。


GT750
投写方式はDLPで、パネルの解像度は1280×800画素のWXGA。DLPLinkに対応しており、3Dメガネを別途用意して3D映像も楽しめる。3D投写時は1280×720対応。


背面端子部

付属のキャリングバッグ
輝度は3000ルーメン。投影比0.72対1の短焦点レンズを搭載し、80インチの画面を約1.2m、100インチの画面を約1.5mの距離で投写できる。HDMI端子は2系統装備しており、ゲーム機などとつないで大画面でプレイが楽しめる。本体にはキャリーバックが付属する。


新着記事を見る
  • ジャンルDLPプロジェクター
  • ブランドOPTOMA
  • 型番GT750
  • 発売日2012年6月
  • 価格¥OPEN(予想実売価格100,000円前後)

関連記事