上位機のMA500はネオジウムマグネットドライバー搭載

ソニー、新機構で装着感を高めたオープン型ヘッドホン「MDR-MA500/300」

ファイル・ウェブ編集部
2012年04月04日
ソニーは、ユーザーごとに異なる耳の形状に対処するための新機構「フレキシブルイヤーフィットメカニズム」により快適な装着性にも配慮したオープンエア型のオーバーヘッドホン「MDR-MA500」「MDR-MA300」を4月21日より発売する。

MDR-MA500 9,975円(税込)
MDR-MA300 4,935円(税込)

MDR-MA500

MDR-MA300

ホームユースを想定したオープンエア型ヘッドホン。装着性に配慮した「MA(Multimedia Audio)シリーズ」の中級機で、本機のほかに最上級機「MDR-MA900」やエントリー機「MDR-MA100/102TV」も用意している。MA500/300以外のモデルについては別項で紹介する。

両モデルとも、新機構「フレキシブルイヤーフィットメカニズム」を採用。ドライバーユニットの角度を、ユーザーの耳の形状に合わせて追従させることで、快適な装着感を実現するとともに低域の量感を確保したという。

イヤーパッド部

ドライバーユニットがフレキシブルに動く「フレキシブルイヤーフィットメカニズム」を採用

ドライバーユニットは両モデルとも40mm径だが、上位機の「MDR-MA500」は360kJ/m3ネオジウムマグネットを採用。音の解像度を高め、クリアな中高音と豊かな低音を再生するとしている。再生周波数帯域は、「MDR-MA500」が8Hz〜25kHzで、「MDR-MA300」が10Hz〜24kHz。

ハウジング部

そのほか両機の違いでは、「MDR-MA500」ではコードが方出しであるのに対し、「MDR-MA300」は両出しを採用。また「MDR-MA500」にはプラグアダプターも付属する。なお、コード長はどちらのモデルも3.0m。質量はどちらも約245g。

MDR-MA500のヘッドバンド部

MDR-MA500のヘッドバンドはクッションを備える


MDR-MA300のヘッドバンド部
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドSONY
  • 型番MDR-MA500
  • 発売日2012年4月21日
  • 価格¥9,975(税込)
【SPEC】●形式:オープンエア型 ●ドライバー径:40mm ●再生周波数帯域:8Hz〜25kHz ●コード長:3.0m ●質量:約245g
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドSONY
  • 型番MDR-MA300
  • 発売日2012年4月21日
  • 価格¥4,935(税込)
【SPEC】●形式:オープンエア型 ●ドライバー径:40mm ●再生周波数帯域:10Hz〜24kHz ●コード長:3.0m ●質量:約245g

関連記事