将来的にはXperiaの一部でも対応を検討

ソニー、BDレコーダー5機種をアップデート − Sony Tablet上で番組視聴が可能に

ファイル・ウェブ編集部
2012年03月22日
ソニーは、BDレコーダーのアップデートを実施。HDDへ録画した番組や受信中の番組を“Sony Tablet”上で視聴できるようにするアップデートを3月28日より実施する。アップデート対象モデルは下記の通り。

・BDZ-AX2700T
・BDZ-AT970T
・BDZ-AT950W
・BDZ-SKP75
・BDZ-AT770T

BDZ-AX2700T

2月29日に発表されたアップデート(関連ニュース)に新たな内容が追加された格好。Wi-Fiを使用してBDレコーダーとSony Tabletを接続し、レコーダー本体に録画した番組や、レコーダーのチューナーで受信している番組をSony Tablet上で視聴可能になる。Sony Tablet側もAndroid 4.0.3を含むシステムアップデートが必要で、こちらのアップデータ、および番組視聴用のDLNAアプリは4月下旬に配信される。

地デジ/BS/110度CSの番組をSony Tabletに配信可能。「BDZ-SKP75」はスカパー!HDチューナーも内蔵しているが、スカパー!HD放送は配信できない。Sony Tablet側では720p画質での再生となる。

なお、スマートフォン「Xperia」シリーズの一部機種でも今後の対応を予定しており、対応機種などは決定次第改めてアナウンスされるという。

放送中番組の配信に関しては、全チューナーが録画に使用されている場合や、2番組録画中(BDZ-AT950W/SKP75は録画中)の場合、配信できない。また、録画済みの番組は、3番組録画中(BDZ-AT950W/SKP75は地デジ/BS/CSの2番組録画中)の場合、配信できない。また、放送中番組も録画済み番組も複数の機器に同時に配信することはできない。

関連記事