KinectとWindowsPhoneも盛り上がりを見せる

<CES>マイクロソフトブース − Windows8の出来映えを大量写真でレポート

一条真人
2012年01月12日
今回のCESでのマイクロソフトブースは例年通り、Windows、bing、Office、XBOX、WindowsPhoneなどプロダクトごとにコーナーを作るというスタイル。さすがに世界でもっとも普及しているパソコンOSの会社なのでどのブースも人気が高いのだが、なかでも特に人気で盛り上がっているのが、Windows8、XBOX KinectとWindowsPhoneのブースだ。

マイクロソフトブース

Kinectブースではそのブースの担当者や客などが踊りまくりという感じで、周囲の客もそれに歓声をあげている。北米でのKinect人気が伺える。

キネクトに熱狂する人々

WindowsPhoneブースは端末を並べてユーザーが触れるようになっているおかげか、大勢の人が行列を作っている。日本ではAndrtoidなどと比較すると人気の低いWindowsPhoneだが、北米では高い人気を持っているのがわかる。実際に使ってみると、そのタイルを使った独自のインターフェースは使いやすく、使っていて楽しいので、近い将来には日本でもブレイクするかも知れない。

ノキア製WindowsPhone

そして、極めて盛り上がっていたのが次世代WindowsであるWindows8ベータのデモを見せてくれるブース。WindowsPhoneと同じくタイルベースで、それぞれのタイルがさまざまな機能を持っていたり、アニメーションしたりする様は見ているだけで楽しい。また、ウィンドゥレイアウトの自由度も高い。

Windows8は現在のWindows7よりも簡単に扱え、しかも効率的であり、多機能であるという印象だ。今までのウィンドゥベースが“死んで”見えるほどライブ感がある。おそらくマーケットにも好意的に受け入れられるだろうことが予想される。

タブレットPCでもパソコンでも動くWindows8

マウスでもタッチでも操作できる


Windows8のスタート画面。タイルベースでそれぞれのタイルが独自の機能を持っている

同じくスタート画面。一部タイルの画像が変わっているが、これは自動的に変更されている


オンラインでプログラムが購入できるStore

メールが何通届いているとか今日はスケジュールがいくつあるとか、情報がデスクトップに表示される


タイルは縮小表示したり、ドラッグ&ドロップで表示位置を変えることもできる

オフィスプログラムを今までと同じようなウィンドゥシステムで使うこともできる


プロフィール表示ではその人の最近のソーシャルネットワークでの発言も表示してくれる

検索画面


Windows8のデモは凄い人だかり

また、面白かったのがKinectとVR技術を使った「What's Next」というデモ。これは服などを仮想的に着替えるデモなのだがKinectを使って自分が画面内に表示され、服などをとって着替えるというもの。VR技術によって、その服を自分が着ているように見えるのだ。

「What's Next」のデモスペース

キネクト+VRのデモ

マイクロソフトブースは、現在のIT界でももっともホットなスマートフォン競争に、強力なデバイスであるWindowsPhoneで参入しつつ、VR技術、Kinectなどを使って人々に未来の生活を見せてくれる彼らのスタンスを明らかにしてくれた。キーノートでの印象と同じく、マイクロソフトは単なるパソコンのソフトを作るメーカーではなく、未来をつくる気なのかも知れないと感じさせてくれるブース展開だった。

関連記事