15年度に海外で900万台販売目指す

パナソニック、スマホで海外再参入 − 欧州へQHD有機ELモデルを3月投入

ファイル・ウェブ編集部
2011年12月09日
パナソニック モバイルコミュニケーションズ(株)は、2012年から携帯電話の海外市場に再参入する。

グローバル第1弾モデル(ブラック)

グローバル第1弾モデル(シルバー)

まず2012年3月に欧州市場へスマートフォンを投入。欧州を足がかりにグローバル展開を進め、2015年度に海外市場でスマートフォンの販売900万台を目指す計画だ。

来年3月に投入予定の、グローバルモデル第1弾となるスマートフォンは、超薄型でも持ちやすい「スリム Dシェイプ」デザインを採用し、ディスプレイには狭ベゼルの、960×540ピクセル(QHD)の4.3インチ有機ELディスプレイを搭載。さらに防水・防塵設計も施すという。本体色はブラックとシルバーが用意されるようだ。

この第一弾モデルをリファレンスとして、2012年度中にラインナップを拡大。欧州で150万台のスマートフォン販売を目標としている。さらに2015年度には欧州・アジア・中国・米州で900万台、国内で600万台を販売する計画。グローバルで1,500万台の販売体制を目指す。

関連記事