約23cmから80型画面投写が可能

日立、机上投影対応の短焦点プロジェクター2機種

ファイル・ウェブ編集部
2011年11月30日
日立コンシューマエレクトロニクス(株)は、ミラー反射型超短投写液晶プロジェクター「CP-A301NJ」「CP-AW251NJ」を12月20日より発売する。価格はどちらもオープン。

両製品は今年5月に発売された「CP-A300NJ」「CP-AW250NJ」の後継機となる短焦点プロジェクター。日立独自開発の自由曲面レンズ・ミラーをプロジェクターの投写光学系に採用することで、スクリーンから本体前面まで「CP-A300NJ」は約23cm、「CP-AW250NJ」は約26cmという距離から80型画面の投写が可能なのが特徴のひとつ。筐体は両モデルとも約3.8kgと軽量で、別売金具で天吊りや壁面取付もできる。


CP-A301NJ
CP-A301NJは0.63型液晶パネルを3枚搭載し、解像度は1,024×768、明るさは3,000ルーメン。

CP-AW251NJは0.59型液晶パネルを3枚搭載し、解像度は1,280×800。明るさは2,500ルーメン。

別売のスタンド「TT-251」(税込18,900円)と組み合わせることで、これまでの壁やスクリーンへの投写に加え、会議テーブルなどの机上へ60型の映像を映し出すことができるようになったのも特徴としている。

吸気部に独自のハイブリッドフィルターを採用することで、フィルターの清掃時間約4,000時間を実現し、メンテナンス性を向上したとのこと。


別売のスタンドと組み合わせたところ

机上投写イメージ
HDMI端子を1系統備え、BDプレーヤーなどとの接続も可能。USB端子も搭載し、USBメモリからのデータ再生もできる。そのほか出力10Wのスピーカーとマイク端子も備えている。消費電力は310W。

【問い合わせ先】
日立コンシューマエレクトロニクス
家電ビジネス情報センター
TEL/0120-3121-19

関連リンク

関連記事