「Westone 4R」も人気

<ヘッドフォン祭>フォーカル、v-modaの未発表モデル/シネックス、米SCOSCHEの取り扱いを開始

ファイル・ウェブ編集部
2011年10月29日
フジヤエービック主催のヘッドホンイベント「秋のヘッドホン祭2011」が開催された。本項ではフォーカルポイントコンピュータとシネックスブースの模様を紹介する。

■フォーカルポイントコンピュータ

フォーカルポイントコンピュータでは、同社が取り扱うAtomic Floydとv-moda製品を展示。両ブランドとも日本未発表モデルが参考展示されていた。

v-modaの参考出展品は、オーバーヘッドホン「crossfade M-80」と、デザイン違いの限定モデル「crossfade V-80」。40mm径のデュアルダイアフラムドライバーを搭載したモデルで、「V-80」はアメリカの人気ドラマ「True Blood」とのコラボレーションにより、ヘッドバンドなどの色が異なっている。

crossfade M-80

crossfade V-80

“ミリタリーグレード”だという頑丈さを持ち、ヘッドバンドを思い切り広げたり捻ったりといった衝撃にも対応。日本では11月下旬に22,800円ほどでの発売を予定しているという。

ヘッドバンド部を捻るなどしても大丈夫

また、ブースには本国からプロジェクトエンジニアのgavin luk氏が来日。来場者に直接製品の特徴を解説したり、本国ではパリス・ヒルトンやNBA選手のコービー・ブライアントなどの著名人も同社製品を使用していることを説明するなどしていた。

パリス・ヒルトン(右上)なども愛用しているという

Atomic Floyd製品では、「春のヘッドホン祭2011」でも参考展示していたが(関連ニュース)、その後まだ本国でも正式発表されていない「HiDefDrum + Remote」などを出品。そのほか現行ラインナップも取り揃え、試聴が行えるようになっていた。

HiDefDrum + Remote

コントローラー部

■シネックス

シネックスのブースには、発表されたばかりの新製品「Westone 4R」(関連ニュース)を始めとするWestoneのイヤホンがズラリと並ぶ。

Westone 4R

さらに、ブースには米SCOSCHEの製品も参考展示。同ブランドの取り扱いを新たに開始することも明らかにされた。

同ブランド製品では、40mmドライバー搭載でスマートフォン用マイクとリモコンも備えるオーバーヘッドホン「RH1056md」、バランスドアーマチュア型とダイナミック型を組み合わせたハイブリッド・デュアルドライバーシステムを採用したカナル型イヤホン「IME856md」が試聴可能。

RH1056md

IME856md


RH1056mdのイヤーパッド部
両製品ともブラックとホワイトの2色を用意。どちらも年内に約25,000円ほどでの発売を予定しているという。また、パッケージの状態ではあるが「IDR653md」「HP153md」などそのほかのモデルも展示。同社スタッフによれば、これらの製品も日本での販売を考えているとのことだった。


RH1056md(ホワイト)

IME856md(ホワイト)


そのほかにも数製品を取り扱い予定だという

加えて、SRS社の音質向上アダプター「SRS iWOW 3D」の紹介スペースも展開。SRS・ラボズ・ジャパンからもスタッフが参加し、同製品のPRを行っていた。

iWOW 3D

関連記事