SRSのアダプター最新モデルも

<ヘッドホン祭>ラディウス初のヘッドホン登場/Westone「T1」とAtomic Froyd新モデルが7月発売

ファイル・ウェブ編集部
2011年05月07日
5月7日、東京・青山で開催されたフジヤエービック主催のヘッドホンイベント「春のヘッドホン祭2011」。今回も多数のメーカーが出展し、会場は多くのファンで賑わった。

本項ではラディウスやシネックス、フォーカルポイントコンピュータの展示から、注目の関連製品をピックアップしてお届けしよう。

■ラディウス

先日発売したカナル型イヤホン「ドブルベ・ヌメロドゥ」の販売が好調というラディウスは、同社初のオーバーヘッドホンを展示した。

愛称は「3STAGES」、型番は「HP-OHF11」で、2011年中頃の発売を予定している。価格は5,000円以下になる予定だという。

ラディウス「3STAGES」。同社初のオーバーヘッドホンだ

ケーブルは脱着式。3種類のケーブルが付属する

最大の特徴は、この価格帯ながらケーブル脱着式という点で、3m/1.2m/0.6mの3タイプのケーブルが付属する。家庭内でテレビの視聴を行う際には3m、外出先では用途に応じて1.2mと0.6mを使い分ける、といった使用スタイルが可能になる。さらに、市販ケーブルに付け替えることで、音の違いを楽しむこともできる。

ドライバーはφ40mmのダイナミック型で、本体カラーはブラックとホワイトの2色を用意している。

また、イヤホンの新モデル「HP-ZDF11」も参考出展。「小型で良い音のイヤホンを作りたい」という思いから開発したモデルで、アルミの2.6倍の比重を持つ亜鉛ダイキャストのハウジングを採用し、制振性を高めて高音質化を図っている。

参考出展されたイヤホンの新モデル「HP-ZDF11」

■シネックス

シネックスは、Westoneのカナル型イヤホン「Westone 4」を大きくフィーチャー。その一方で、7月頃に発売するという新モデル「T1」も参考出展していた。販売価格は15,000円〜20,000円程度になる見込みという。

「T1」はUM1と同じバランスド・アーマチュアドライバーを1基搭載した、シングルドライバーのカナル型イヤホン。マイク付きのワンボタンリモコンを装備したのが特徴で、米国では「Talk Series」として発表されている。マイクで通話が行えるほか、対応機種ではボイスコントロールも可能。またワンボタンリモコンで再生や一時停止、楽曲のスキップなども行える。

Westone「T1」

マイク付きのワンボタンリモコンを備える

また同社は、SRS社のiPhone/iPod用アダプター新モデル「SRS iWOW 3D」も展示した。5月12日に発売予定で、価格は7,980円程度の見込み。

SRS iWOW 3Dの機能は、従来の「SRS iWOW」と同様。iPhone/iPodのドック端子に接続することで、ヘッドホン出力の音場を広げ、圧縮により失われた情報の補間を行うことができる。

左が新モデルの「SRS iWOW 3D」。右は従来からある「SRS iWOW」

SRS iWOW 3Dでは、SRS iWOWが備えていたボリュームボタンを無くし、ON/OFFボタンだけと操作をシンプルにした。また5色の付属フェイスプレートを付け替えることで、外観の印象を変えることができる。

■フォーカルポイントコンピュータ

フォーカルポイントコンピュータは、ATOMIC FLOYDのラインナップをズラリと展示。現行製品に混じって、まだ本国でも発表されていないという、リモコン付きの3製品を参考出展していた。

展示していたのは「miniDarts」「HiDefDrum」「AirJax」のそれぞれ後継機となるモデル。7月頃の発売を予定している。イヤホン部分は既存モデルと共通ながら、3ボタンのリモコンを装備しているのが最大の特徴だ。またケーブルも、現行のminiDartsと同様の、赤いケーブルに共通化される。

7月頃発売予定の新モデル「miniDarts+Remote」

同じく7月発売予定の「HiDefDrum+Remote」

モデル名はこれまでの名称に「+Remote」を付けたものになるとのこと。価格は「既存機種から2,000円アップ程度になるのでは」(同社説明員)という。

3ボタンリモコンを備える

関連記事