映像出力も装備

JBL、AirPlay/iPad 2対応のドックスピーカー「ONBEAT AIR」

ファイル・ウェブ編集部
2011年09月15日
ハーマンインターナショナル(株)は、「AirPlay」に対応するドックスピーカー「JBL ONBEAT AIR」を10月上旬に発売する。価格はオープンだが30,000円前後での実売が予想される。なお、アップルストアでは9月19日より先行発売する。


JBL ONBEAT AIR

iPadを装着したところ
本機は、8月発売の「ON AIR WIRELESS(関連ニュース)」と同様にIEEE 802.11b/gのWi-Fi通信をサポートし、アップルのワイヤレスストリーミング技術AirPlayに対応するモデル。従来機種と比較し、本体ディスプレイやFMチューナーを省略することで価格帯を抑えたベーシックモデルとして位置づけられている。なお、iPod/iPhoneのほか、iPad/iPad2の接続にも対応する。

本体サイズは275W×150H×146Dmmで、音質に影響を与える“内部定在波”の発生を抑えるために平行面を排除するなど、音質面に配慮した設計を採用している。内部には、強力なネオジウムマグネットと独自のアルミコーンを搭載した45mmフルレンジスピーカーユニット「Phoenix SE」を2基搭載。「高効率且つクリーンなデジタルアンプがPhoenix SEをしっかりとドライブし、高品位なJBLサウンドを可能にする」としている。最大出力は6.5W×2で、周波数特性は70Hz〜20KHz。

加えて、映像出力端子(RCA/コンポジット)も装備している。市販のビデオケーブルでテレビなどのディスプレイと接続し、本機にドック接続したiPod/iPhone/iPad内の映像や写真などを映し出すことができる。

また、iPhoneおよびiPod Touchの接続時は、ポートレートモード(縦向き)だけでなく、ランドスケープモード(横向き)での使用もできる。ドック接続対応機種は、iPod(第5世代)、iPod classic、iPod nano第2世代以降、iPod touch、iPhone 3G/3GS/4、iPad/iPad2。そのほかに、3.5mmステレオミニ入力も1系統備えている。


ランドスケープモード(横向き)も利用できる
iPod/iPhone/iPadの基本操作が行える専用リモコンも付属する。電源はACアダプター。

【問い合わせ先】
ハーマンインターナショナル
TEL/050-5561-1560
新着記事を見る
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドJBL
  • 型番JBL ONBEAT AIR
  • 発売日2011年9月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格30,000円前後)
【SPEC】 ●スピーカーユニット:45mmフルレンジ「Phoenix SE」×2 ●最大出力:6.5W×2 ●周波数特性:70Hz〜20KHz ●音声入力:iPodドックコネクタ×1、3.5mmステレオミニ×1 ●外形寸法:275W×150H×146Dmm ●質量:900g(本体のみ)

関連記事