製品の認証を今年後半に開始

パナソニック・ソニーなど提唱の「フル HD 3D グラス・イニシアチブ」にシャープ・東芝など4社が参加

ファイル・ウェブ編集部
2011年08月31日

パナソニック、サムスン電子、ソニー、X6D Limited(XPAND 3D)の4社がアクティブシャッター方式3Dメガネの標準化を行う「フルHD 3D グラス・イニシアチブ」に、新たに米欧中の4メーカーが参加する。

今回、同イニシアチブの活動に、シャープ(株)、(株)東芝、ロイヤル フィリップス エレクトロニクス、TCL集団の4社が賛同した。

同イニシアチブはまた、9月下旬にライセンスプログラムを開始する予定であることも発表。また2011年の後半には、イニシアチブのライセンスをうけて製造された製品の認証を開始する予定だ。認証を受けた製品にはイニシアチブのロゴ使用が許可される。

同イニシアチブは今年8月、Bluetoothベースの3Dアクティブメガネの技術開発とライセンスなどを行うために発足した(関連ニュース)。また劇場用/家庭用の3Dアクティブメガネで使われるRFシステム通信プロトコルのライセンス供給も行う。

さらに標準化の対象には、パナソニックとXPANDが共同開発した赤外線通信プロトコルと、サムスンおよびソニーが開発したIR通信プロトコルなどの複数のプロトコルも含まれている。

関連記事