実売3,500円前後

ソニー、ウォークマン連携も意識したステレオポータブルラジオを発売

ファイル・ウェブ編集部
2011年08月29日
ソニーは、“Walkman”との連携なども意識したステレオポータブルラジオ「SRF-18」を10月21日より発売する。価格はオープンだが3,500円前後での実売が予想される。

SRF-18

FM/AMチューナーを搭載し、単3形乾電池2本のほか別売のACアダプターによる駆動も可能。外形寸法は155.4W×80.3H×34.2Dmm、質量が198g(乾電池含む)。36mm径のスピーカーを2基搭載し、出力が80mW+80mW。

3.5mmステレオミニの音声入力と音声出力端子を装備。WalkmanなどのDAPを接続してスピーカーとして使用したり、WalkmanやICレコーダーなどにラジオを録音するなどといった使い方もできる。

ウォークマンと接続したところ

カラーバリエーションはホワイト、ブラック、ピンクの3色を用意。カラーによってスピーカーグリルのデザインを変えており、ホワイトとブラックはスクエアパターン、ピンクはサークルパターンを採用している。

ホワイトとブラックのグリルはスクエアパターン

ピンクモデルはサークルパターンを採用


カラーによってフォントも異なるという細かな違いも
新着記事を見る
  • ジャンルFM/AMラジオ
  • ブランドSONY
  • 型番SRF-18
  • 発売日2011年10月21日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格3,500円前後)
【SPEC】●外形寸法:155.4W×80.3H×34.2Dmm ●質量:198g

関連記事