本体は防水・防塵仕様

【更新】KDDI、国内初“Windows Phone 7.5”搭載スマホ「IS12T」を9月発売 − 無料クラウドストレージ対応

ファイル・ウェブ編集部
2011年07月27日

KDDI、沖縄セルラーは、auのスマートフォン“ISシリーズ”の新製品として、Microsoftのスマートフォン向けOS“Windows Phone 7.5”を搭載した、富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製端末「IS12T」を9月以降に発売する。本体販売価格は未定。

本日、KDDIと沖縄セルラー、日本マイクロソフト、富士通東芝モバイルコミュニケーションズの3社が共同で新製品記者発表会を開催した。


「Windows Phone IS12T」
本機は日本国内で初めて、OSに日本語対応の「Windows Phone 7.5」を搭載したスマートフォン。auが従来のスマートフォン向けに提供する料金プラン、およびパケット定額プランが利用できる。WiFi機能はIEEE802.11b/g/n、Bluetooth機能は2.1+EDRの規格にそれぞれ準拠した。WAN通信機能では、下り最大9.2Mbps、上り最大5.5MbpsのマルチキャリアRev.A「WIN HIGH SPEED」に対応。GPS機能も内蔵する。なおテザリング機能には非対応。赤外線通信やおサイフケータイ、ワンセグなどの“ガラケー機能”は搭載していない。海外ローミングサービスのグローバルパスポート、ezwebのメール機能には対応している。FMラジオも内蔵した。

本体は水深約1.0mで30分の使用に対応したIPX5〜IPX8等級の防水・防塵仕様を採用。カラーバリエーションはブラック/マゼンタ/シトラス(グリーン)の3色が用意される。本体サイズは約59W×118H×10.6Dmm、質量は約113g。連続通話/待受時間は約400分/約280時間。

本体は防水・防塵仕様

OSには独自の通称“タイル”と呼ばれるUIを採用しており、画面にタイル状に配置されたアプリアイコンを、タッチスクリーンにより軽快に操作できる点が特徴のひとつ。画面を縦スクロールだけでなく、横スクロールして情報を表示できる「パノラマUI」も、情報へのアクセス性を高めるUIのひとつだ。また電話のタイルアイコンに、着信があった際に数字で着信数を表示したり、メールのアイコンに受信件数を表示するなどの「ライブ・タイル」UIも搭載している。

Windows Phone 7独自のUI「タイル」を採用。アイコンの色や配置はカスタマイズが可能。個別に大きさを変えることはできない

タイルアイコンにアップデート情報を表示する「ライブ タイル」を採用


アイコンを一覧できる「メニュー画面」の表示

「メニュー画面」からピックアップしたアイコンを「スタート画面」に配置したり、アイコンの並びを変えることもできる
パノラマUIの表現力を活かして、多彩なコンテンツ情報を統合しながら横スクロールによるパノラマ表示ができる「ハブ」にも対応した。アドレス帳に登録されている人物ごとに、電話番号やメールなどの連絡先情報、Facebook/Twitter/Windows Liveのアカウントと最新ステータスを統合管理できる「Peopleハブ」をはじめ、音楽・動画再生を統合した「Music+Videosハブ」、写真の再生や共有が楽しめる「Picturesハブ」、Microsoft Office文章(Word/Excel/Powerpoint)の閲覧・編集などが行える「Officeハブ」などが搭載されている。


Microsoft Officeの文章ファイルの閲覧、簡易編集が行える

Excelで作成したグラフを表示
その他、本体には「ホーム」「戻る」「Web検索」の3つのハードウェアキーを配置。「Web検索」をクリックするとBingの検索エンジンが起動する。

チップセットはQualcomm製Snapdragon「MSM8655」(1GHz)を採用。ハードウェア・グラフィックアクセラレーターを搭載するチップセットとOSとのパフォーマンスにより、標準搭載されたブラウザアプリ「Internet Explorer 9」における高速ブラウジングを実現している。なお、IE9ではFlashコンテンツの再生は非対応となっている。

検索ボタンを押すとBingの検索エンジンが起動する

本体搭載のマルチタッチ対応液晶は約3.7インチ。画素数はWVGA(800×480)画素。背面には有効画素数1,320万のカメラを備え、動画・静止画が撮影できる。フロントカメラやビデオ通話の機能は搭載していない。液晶は縦横ローテーション表示に対応しており、文字入力は10キー入力/フリック入力の両方に対応したソフトウェアキーボードを搭載する。フリック入力時は、濁音や半濁音などもワンストロークで入力できる「カーブフリック」に対応した。フォントは視認性の高い「メイリオ」「Yuゴシック」が採用されている。

本機で撮影した動画や静止画、本機に保存した音楽ファイルを、家庭内のテレビやPCなどのDLNA対応機器にストリーミングして再生できる機能を搭載した。なお、DLNA対応のテレビやレコーダー側に保存されているコンテンツを、本機から呼び出して再生することはできない。


本体背面にカメラを搭載
本体内蔵メモリーは32GB(うちデータ保存領域は約28GB)。microSDカードなどの外部メモリーには対応していないが、マイクロソフトが運営するクラウドサービス「Windows Live SkyDrive」では約25GBのクラウドストレージが無料で利用でき、データの保存・共有が行える。なおクラウドストレージの容量追加サービスは提供されていないため「25GB以上のストレージが必要になった場合は、別アカウントを登録して使い分けて欲しい」(マイクロソフト展示説明員)という。

ソフトウェアキーボードの画面

音楽プレーヤーアプリは「Zune(ズーン)」をプリインストールしている。マイクロソフトがPC用にも無料で提供している音楽管理アプリケーション「Zune」をインストールして、CDからリッピングした音楽ファイルや動画、静止画、ポッドキャストデータなどを、スマートフォンに同期して楽しむことが可能。リッピングにより生成できる音楽ファイル形式はWAV/AAC/WMA/MP3など。なお、Macintoshユーザー用にはコンテンツ管理と同期の機能に対応するアプリケーション「Windows Phone 7 Connector (for Mac)」の提供が予定されている。

本体上部にヘッドホン端子、microUSB端子を搭載

音楽プレーヤー「Zune」アプリを採用

北米でスタートしているマイクロソフト独自の音楽ダウンロードサービスについて、マイクロソフトの展示説明員によれば「日本国内での対応はいまのところ予定していない」。ただ、「Xbox版Zuneではビデオストリーミングサービスを提供しているので、将来的にはスマートフォンへのサービス提供も検討していきたい」という。またKDDIが展開するLISMO系の音楽配信サービスについては、「端末発売時には非対応となるが、レコチョクやmusic.jpのサービスについては、アプリによる提供が可能になる見込み(マイクロソフト展示説明員)」という。

本体にプリインストールされているアプリはDLNA機能を提供する「リンクキャビネット」のほか、「プロフィール交換」「NAVITIME」「GREE」「ぐるなび」「jibe」、ニュース等情報アプリの「MSNトピック」。メーラーはMicrosoft Exchange/Windows Live/Gmail/Yahooなどに対応している。

アプリはマイクロソフトが運営する「Marketplace(マーケットプレース)」のサービスから、ゲームや音楽、ユーティリティーなどのアプリをダウンロードして追加することもできる。アプリの購入は無料登録できる「Windows Live ID」のアカウントから利用可能。北米で先行して展開するWindows Phone 7のスマートフォン向けに、現在は約2万本のアプリが揃っており、今後さらにコンテンツを充実させていくという。また開発者向けのソフトウェア開発キットも近日β版がリリースされる予定だという。

独自の「Marketplace」に対応

ダウンロードしたアプリは「スタート画面」にタイルアイコンとして配置して、レイアウトもユーザーが自在にカスタマイズできる。頻繁に連絡を取る相手の連作先などをタイルアイコン化して、スタート画面に配置することも可能だ。

ゲーム機能はマーケットプレースからアプリがダウンロードできるほか、「Xbox LIVE」のメニューからゲームの最新情報やフレンドのプロフィールなどがチェックできる。アバターを作成して、コミュニティに参加して遊ぶことも可能だ。

Xbox Liveとの連携を実現

アバターも利用できる

【問い合わせ先】
KDDIお客さまセンター
TEL/0077-7-111

関連記事