NHK、6月末の地デジ機器普及台数を発表 − 単月で約480万台増加

ファイル・ウェブ編集部
2011年07月11日
NHKは、6月末までのデジタル放送の普及状況について発表した。6月末現在、地上デジタル放送受信機は単月で約480万台増加し、累計約1億1,875万台となった。

内訳はPDP/液晶テレビが約7,764万台(約276万台増)、ブラウン管テレビが約72万台(6月は増加なし)、デジタルチューナー(チューナー内蔵録画機も含む)が約2,934万台(約185万台増)、ケーブルテレビ用STBが約1,105万台(約19万台増)。なおJEITA調べによれば、地上デジタルチューナー内蔵PCは、5月末の時点で約332万台普及しているとのこと。

また、BSデジタル放送受信機は前月末から約384万台増加し、累計は約1億1,349万台になった。内訳はPDP/液晶テレビが約7,586万台(約271万台増)、ブラウン管テレビが約186万台(6月は増加なし)、デジタルチューナー(チューナー内蔵録画機も含む)が約2,482万台(約94万台増)、ケーブルテレビ用STBが約1,105万台(約19万台増)。

関連リンク

関連記事