HOME > ニュース > エイサー、Windows7/10.1型液晶搭載のタブレットPC「ICONIA TAB W500」を発売

AMDのAPU採用で動画性能も向上

エイサー、Windows7/10.1型液晶搭載のタブレットPC「ICONIA TAB W500」を発売

2011/04/13 ファイル・ウェブ編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
日本エイサー(株)は、OSにWindows 7を搭載したタブレットPC「ICONIA TAB W500」(型番:ICONIATAB-W500)を5月下旬より発売する。価格はオープンだが6万円前後での実売が予想される。なお、発売に先立ち4月20日より予約を開始する予定だという。


■動画視聴から電子書籍までストレスなく楽しめるよう配慮

解像度1,280×800の10.1インチ液晶を搭載し、質量は約970g。Flashにも対応している。タッチパネルは静電容量式でマルチタッチに対応。また、LEDバックライトを採用し、上下左右の視野角は80度。なお、Wi-Fiモデルのみの展開となる。

ICONIA TAB W500

背面の様子

OSにはWindows 7 Home Premium 32ビット版を搭載。同社ではWindowsを採用した理由について「ビジネスシーンでの利用を意識した」と説明。Microsoft Officeをインストールするだけで外出先でもOfficeファイルをチェックしやすくなるといったメリットを挙げる。なお、法人向けにはOSをWindows 7 Professionalへと変更した「ICONIA TAB W500P」も用意する。

CPUと外付けグラフィックス相当のコアを融合させた「APU(Accerated Processing Unit)」には、AMDデュアルコア・プロセッサ C-50とAMD Radeon HD 6250グラフィックスによるAMD A50M FCHを採用。HD動画のストリーミングを始めとした動画視聴や、オンラインゲーム、電子書籍まで、ストレスのない動作環境で楽しめるとしている。また、動画や音声関係の機能ではドルビーアドバンストオーディオv2も搭載。バーチャルサラウンドを利用できる。

ストレージとして32GB SSDを内蔵し、システムメモリは2GB。HDMI 1系統とUSB 2系統を備えており、様々な外部機器と接続して利用できる。そのほかSDとMMCに対応したマルチカードリーダースロットも装備している。Bluetooth 3.0+HSにも対応している。

底面端子部の様子

側面端子部の様子

150万画素のウェブカメラを前面と背面の2箇所に装備。Skypeを別途インストールすることで、テレビ電話なども利用できる。

インターフェースには、同社独自の「Acer Ring」を搭載。ひとつのインターフェースにマルチメディアから本体設定までの全機能を集約し、使いたい機能を呼び出しやすいよう配慮した。同機能ではFacebook/YouTube/Flickerに直接アクセスできる「Social Jogger」などを利用できる。

独自インターフェース「Acer Ring」を搭載

■発表会では関係者がWindows搭載のメリットを強調

同社では本日都内で製品発表会を実施。製品の特徴説明を担当した同社プロダクト&マーケティングコミュニケーション部スマートハンドヘルド シニアプロダクトマネージャーの山下昌宏氏は「ビジネスシーンで、Windowsベースで作成した社内用のシステムなどをそのまま利用できる」と、OSにWindowsを採用した利点などを語る。

山下昌宏氏

次ページ「おもちゃのタブなら、スマホでいいじゃないか」

1 2 次へ

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク