片耳モニターも可能でDJ用途にも

ティアック、beyerdynamicのテスラドライバー搭載モニターヘッドホン「DT 1350」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2011年03月30日
ティアック(株)は、独beyerdynamic社製のモニターヘッドホン「DT 1350」を4月上旬に発売する。価格は37,800円(税込)。

beyerdynamic「DT 1350」

本機は、1テスラ(1万ガウス)を超える磁束密度を実現した、beyerdynamic独自のテスラドライバーを採用。これまで同社はフラグシップモデル「T1」や、よりコンパクトな「T 50 p」などにテスラドライバーを搭載してきたが、本機はそれに続くモデルとなる。

周波数特性は5Hz〜30kHzで、インピーダンスは80Ω。最大SPLは129dB。

ハウジングは密閉型を採用し、遮音性能は約23dBを実現。イヤーカップは90度回転することが可能で、片耳モニターも行える。

ヘッドバンドは分割可動構造で、使用時のフィット感を高めた。ヘッドバンドの側圧は約5.5N。

ケーブルは1.5mのストレートで、片出しタイプ。コネクターは3.5mmのステレオミニプラグだが、6.3mmの標準プラグアダプターも付属する。その他、専用のキャリングケースも同梱する。

【問い合わせ先】
ティアック(株)
タスカムカスタマーサポート
TEL/042-356-9137

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドBEYERDYNAMIC
  • 型番DT 1350
  • 発売日2011年4月上旬
  • 価格¥37,800(税込)
【SPEC】●形式:ダイナミック・密閉 ●周波数特性:5〜30,000Hz ●インピーダンス:80Ω ●SPL:109dB ●最大SPL:129dB ●許容入力:100mW ●ヘッドバンド側圧:5.5N ●ケーブル長:1.5m/ストレート ●コネクター:3.5mmミニプラグ/6.3mm標準プラグアダプター ●質量:174g(ケーブル含まず)

関連記事