日本TI、HD映像処理性能を高めた新SoCを発表

ファイル・ウェブ編集部
2011年03月02日
日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は、デジタルメディアプロセッサー“DaVinci”シリーズに新製品2モデル「DM8148」「DM8168」を追加すると発表した。

「DM8148」は1本の1080/60p映像、または3本の720/30p映像を3Wで取り扱える。TIでは、ネットワークメディアプレーヤーやネットワーク対応のプロジェクターなどでの利用が見込めるほか、Skypeカメラやデジタルサイネージ、映像監視用レコーダーなどにも適していると説明している。2011年第3四半期のサンプル出荷開始を予定し、1,000個受注時の参考単価は51ドル。

「DM8168」は最高3本の1080/60p映像、または12本の720/30p映像ストリームをサポートするハイパフォーマンスなモデルで、マルチチャンネルのHD映像監視システムやビデオカンファレンスシステムなどでの利用を見込んでいる。本プロセッサーはすでにサンプル出荷を開始しており、量産出荷時の、1,000個受注時の参考価格は75ドルからとなっている。

どちらもARM Cortex A8コアや「TMS320C674x」DSP、ビデオアクセラレーターや3D映像アクセラレーター、ディスプレイコントローラーや周辺機器コントローラーなどを統合している。

関連記事