急増するトラフィックへの対応方法を探る

KDDIとシスコ、タブレット端末向けの映像配信トライアルを実施

ファイル・ウェブ編集部
2011年01月31日
KDDIとKDDI研究所、シスコシステムズの3社は、Android OSタブレット端末を想定した映像配信の技術トライアルを実施する。

3社では、今後急速な増加が見込まれる映像配信のトラフィックを見越し、トラフィック増大に柔軟に対応できるIPネットワークの構築やコンテンツ配信の運用手法の確立をねらう。

トライアルのイメージ

実施するのは東京と大阪で、期間は2月1日から3月15日まで。Andoird OSを搭載したタブレットをセカンドディスプレイとして使用。テレビを見ながら関連情報や蓄積映像、ストリーミングなどを楽しむことを想定し、様々なトライアルを行う。

コンテンツ配信システムにはCiscoの「CDS(Content Delivery System)」、サーバプラットフォームには同じくCiscoの「UCS (Unified Computing System)」を利用。ビデオプラットフォームやポータル、トラフィック、視聴分析ツールなど、複数機器を組み合わせた実験環境を構築するという。

さらにKDDI研が開発したブラウザ連携技術を利用し、コンテンツ配信者が設定した任意のタイミングで、テレビ放送の関連情報をセカンドディスプレイのブラウザ上に表示するといった取り組みも行う。

関連記事