パナソニックの欧州市場向けテレビがDTSデコーダー技術の採用を決定

ファイル・ウェブ編集部
2011年03月08日
米DTS社は、パナソニックが欧州で発売するプラズマテレビ5シリーズ、液晶テレビ4シリーズにDTSデコーダー技術が採用されることを発表した。

今回パナソニックのテレビに採用されるDTSの技術は「DTS 2.0 + Digital Out」。同社の製品がDTSの技術に対応したことで、外部のDTSデコーダーをテレビに接続することなく、高音質の音声・映像が視聴できるようになるという。

パナソニックの製品では、プラズマテレビがVT30/GT30/G30/ST30/S30シリーズ、液晶がDT35/DT30/D35/E30シリーズがDTSに対応。欧州市場では2月から順次出荷が開始されている。

【問い合わせ先】
dts Japan(株)
TEL/03-5794-5288

関連記事