ネットサービスにも対応

日本TI、ネットオーディオ機器向けのSDKを開発

ファイル・ウェブ編集部
2011年01月18日
日本テキサス・インスツルメンツは、ネットオーディオ機器向けのプログラム開発を簡便に行えるSDK「nSDK」を開発、発表した。本SDKで開発したソフトはARMプロセッサー上で動作する。

このSDKを利用することにより、DLNAやUPnP、USBオーディオといった機器側の入出力サポートだけでなく、ネットワークを通じ、複数のオンライン音楽配信サービスやインターネットラジオの利用もAPIでサポートしている。

さらに新機能の追加やユーザーインターフェースのカスタマイズもサポート。これらのアプリケーションは、同社の「DA8x」Aureus オーディオプロセッサープラットフォームに、容易に統合することができる。

関連記事