アップルのジョブズCEOが病気療養

ファイル・ウェブ編集部
2011年01月18日
米アップルは、CEOのスティーブ・ジョブズ氏が、病気療養のため休暇を取ると発表した。休暇の期間は明らかにしていない。

Apple CEOのスティーブ・ジョブズ氏(2010年9月)

病気療養中もCEO職は継続し、主だった戦略的な決定については引き続き関与するという。療養中はティム・クック氏が日々の業務について責任を持つ。

ジョブズ氏は従業員に当てたEメールで、「ティムとほかの幹部たちが、我々が2011年に計画しているエキサイティングなプランを遂行することを強く信じている」と述べている。

またジョブズ氏はEメールの中で、「私はアップルをとても愛しており、なるべく早く戻ってきたい」とも記している。

ジョブズ氏は2009年1月にも病気療養で一時休養し、その間に肝臓移植を行った。2009年7月に復帰以降、iPadやiPhone 4など様々な新製品を発表し、業績を急拡大していた。これまでも同氏の健康問題についてはたびたび取りざたされていただけに、今回の療養を機に、後継者に関する情報開示への要求が強まるのは必至だ。

関連記事