強力な「トータルガイド」搭載TVも登場

【CES】一条真人のCESレポート ー iPadにまでEPGサービスを拡大していくRovi

一条真人
2011年01月09日
■EPGをスマートデバイスに

現在、日本国内では、EPG情報「G-GUIDE」はテレビ、あるいはレコーダーなどのデバイスでしか見ることができないが、Roviは、近くiPad向けアプリをリリースすることを明らかにした。

これによって、ユーザーはテレビの前にいなくてもテレビ番組の情報を知ることができるようになる。表示できるデータは通常の国内のEPGと同じく1週間分だ。

このiPadアプリの特徴は、写真がふんだんに使われていること。通常のEPG情報では文字情報が主体だが、画像を盛り込むことにより、番組の内容を把握することが容易になっている。単純に番組表を表示するだけでなく、同社のEPGらしく、注目の特集番組をジャンルごとに表示することも可能だ。

番組表の上にはおすすめ番組が表示される。また、地上波は複数の地域を登録し、切り替えて表示することもできる。

ジャンルごとに特集番組を表示できる。


番組の説明には写真がリッチに使われる。
このiPad版アプリを使えば、家族がテレビ番組や映画などを見ている間でも、その視聴を邪魔せずに番組をチェックできる。

将来的にはこのアプリから、レコーダーの録画予約を行えるようにすることも計画しているという。そ現時点ではiPadアプリのみだが、AndroidタブレットやiPhone対応版もプランにあるとのことだ。

■トータルガイドが製品に搭載

トータルガイドは、Roviが長期的に準備してきた主力製品。EPG番組表からタイトルの情報を検索したり、その出演キャストなどの関連情報を連携して検索できる。注目したいのは、複数のサービスを横断して検索できることだ。

番組表表示している状態のトータルガイド

VODサービスの種類は数多いが、目的のタイトルがあるかどうかをサービスごとに1つ1つ探すのは面倒だ。トータルガイドでは、タイトルを検索したときに、テレビ放送からVODサービスまでを横断検索して、目的のタイトルを探すことができる。

番組名から検索し、どの放送局で放送されているか?どのオンデマンドサービスで視聴できるかも知ることができる。

俳優から、過去の出演番組を知ることもできる。

VODサービスが普及すればするほど、その有用性が高まるサービスだ。

このトータルガイドがようやく実際の製品に搭載されることになった。サムスンのスマートTVに、「SMART HUB」という機能で搭載されている。

サムスンのSMART HUBのロゴ。

SMART HUBの画面。


ツイッター、FaceBookと連携してメッセージを書き込むこともできる。
トータルガイドは機能を提供するクライアントに応じて、機能やデザインやカラーなどをカスタマイズして搭載できる。メーカーごとにUIは異なるため、その整合性を取るという面では当然とも言えるだろう。

ようやく動き始めたトータルガイドだが、その利便性の高さだけでなく、スマートTVの大きな波が押し寄せていることも背景にして、今後存在感を増す可能性が高い。

関連記事