最薄部8.7mmのスリムデザインを採用

【CES】ソニーエリクソン、Android 2.3搭載スマホ「XPERIA arc」発表 −2011年1Qから日本などで順次導入

ファイル・ウェブ編集部
2011年01月06日
ソニー・エリクソン ・モバイル・コミュニケーションズは、OSにAndroid 2.3を採用し、マルチタッチ対応の大型4.2インチパネルや「モバイル・ブラビア・エンジン」などを搭載したスマートフォン「XPERIA arc」を、International CESの会場で発表した。日本を含む世界各国で2011年第1四半期から順次発売する。

XPERIA arc

本体カラーは2色

最薄部が約8.7mmとスリムなデザインながらも解像度854×480ピクセル(FWVGA)でマルチタッチ対応の4.2インチパネルを搭載するなどしたスマートフォン。カラーバリーエーションにはミッドナイトブルーとミステリーシルバーの2色を用意している。

左側面。最薄部が約8.7mmとスリムなデザイン

右側面。USB端子などを装備する

画像処理エンジンに「モバイル・ブラビア・エンジン」を採用し、リアリティ・ディスプレイを搭載。カメラ部には有効810万画素のExmor R for mobileセンサーや、F2.4と明るいレンズを搭載し、LEDフラッシュも備えている。なお、レンズは2.46倍ズームが可能で、もちろんオートフォーカスにも対応。タッチフォーカス機能やジオタグなども利用できる。

背面には8メガピクセルのカメラを装備。センサーは裏面照射の「Exmor R for mobile」

カメラのユーザーインターフェースにもこだわったという

720p動画撮影が可能で、HDMI端子も装備。もちろんWi-FiやBluetoothに対応し、DLNAにも対応。USB端子や3.5mmオーディオも備えている。

HDMI出力のデモ

音楽再生機能関連では、現行機「SO-01B」から引き続き「TrackID」(関連ニュース)に対応。楽曲を端末に“聴かせる”ことで、オンライン上のミュージックデータベースから一致する楽曲/アーティスト名が検索・表示できる。またイコライザー機能も備えている。

楽曲再生時にはイコライザーも使用可能

Qualcomm製の1GHzプロセッサーを搭載し、メモリー容量は512MB。マイクロSDやメモリーカードも利用できる。外形寸法は63W×125H×8.7Dmmで、質量が117g。

ユーザーインターフェースにもこだわった。フォルダ分類機能の動作はiOSライクで、アイコンをほかのアイコンに重ねるとフォルダが作成される。作成したフォルダを選択すると、内容が同一画面内でスライド表示される。

フォルダーを選択すると写真の様に中身が表示される

アプリケーションランチャーの並べ替えは、iOSのようにアイコンをドラッグ&ドロップする方法のほか、アプリの使用頻度など、いくつかの規則で自動的にソートさせることもできる。

またホーム画面でピンチインすると、複数画面に点在したウィジェットを、一つの画面でまとめて閲覧できる機能なども備える。

ウィジェットを一覧表示する機能も備えている

同社公式ブログでは下記動画含む3本のプロモーションムービーも公開されている。

関連記事