研究者育成育成などにもアドバイス

ソニー、ノーベル賞受賞の根岸教授を有機EL研究での特別顧問として招聘

ファイル・ウェブ編集部
2010年12月13日

根岸英一氏
ソニーは、2010年のノーベル化学賞を受賞した、米パデュー大学特別待遇教授、北大触媒科学研究センター特別招へい教授の根岸英一氏を有機エレクトロニクス分野の研究開発領域におけるエグゼクティブ・リサーチ・アドバイザー(特別研究顧問)として招聘することで根岸氏と合意した。

今後、根岸氏はソニーが有機エレクトロニクス分野において社内外の拠点で進めている各研究テーマの報告会などに参加し助言するほか、中長期的な研究計画や優れた研究者育成についてもアドバイスする。ソニーでは、「これにより、有機エレクトロニクス研究開発における社内研究者の活性化を目指し、その結果その研究開発が加速されることを期待している」としている。

根岸氏は、鈴木章・北海道大名誉教授、リチャード・ヘック・米デラウェア大名誉教授とともに「有機合成におけるパラジウム触媒クロスカップリング」という研究成果で2010年のノーベル化学賞を受賞。同研究成果は、有機合成における反応性を飛躍的に高める技術として世界中で広く用いられ、薬学・農薬・プラスチック・液晶など様々な産業で利用されている。

ソニーではこれまで「巻き取れる有機TFT駆動有機EL フレキシブルディスプレイ」(関連ニュース)などを始めとした有機化学や有機合成の技術を基盤とする研究開発を行ってきており、「これらの技術を次世代のソニー製品のコア技術として実用化すべく、研究開発を加速している」という。

今回、有機化学の世界的権威である根岸氏をエグゼクティブ・ リサーチ・アドバイザーに迎え、研究開発の多大なる経験や研究の進め方に対する考え方に触れることで、有機エレクトロニクスの研究開発に従事する研究者が触発され、活性化されて、ブレークスルーを生むきっかけになり、画期的なソニー製品への実用化につながることを期待しているとしている。

関連リンク

関連記事