ソニー、中大型有機ELパネル生産に220億円を投資

2008年02月19日

ソニーが昨年12月に発売した世界初の有機ELテレビ「XEL-1」
ソニー(株)は、有機ELパネルの中大型化・高精細化のため、約220億円の設備投資を行うと発表した。

今回の設備投資は2008年度下半期に予定しており、生産技術確立を目的としている。愛知県知多郡東浦町のソニーモバイルディスプレイ(株)東浦事業所において、TFT工程からEL成膜工程の有機ELパネル生産設備を増強し、2009年度に生産技術確立を目指す予定としている。

今回の設備投資で投入するガラス基板のサイズは600×720mm。何面取りにするかは明らかにしておらず、生産するパネルのサイズは不明。

ソニーは昨年12月、世界初の有機ELテレビとして11V型の「XEL-1」を発売(関連ニュース)。今年1月のInternational CESには、昨年に引き続き27V型の試作機を展示していた(関連ニュース)。

同社では、「有機ELパネルを、将来、テレビを含めたAV機器の用途を大きく拡張する新しいデバイスと位置付けて強力に開発を進める」としている。

(Phile-web編集部)

関連記事