アジャスター部に金属を採用した新デザイン

AKG、セミオープンヘッドホン「Kシリーズ」の最廉価モデル2機種を発売

  • Twitter
  • FaceBook
ファイル・ウェブ編集部
2010年11月10日
ハーマンインターナショナル(株)は、同社が取り扱うAKGの新製品ヘッドホン2機種を11月下旬に発売する。ラインナップは下記の通り。

「K540」

「K520」

「K540」 ¥OPEN(想定実売価格15,000円前後)
「K520」 ¥OPEN(想定実売価格12,000円前後)

両機種とも、同社が展開する「Kシリーズ」の最廉価モデルとして、セミオープンスタイルを踏襲。「K701」「K601」に代表される上位モデルに搭載された技術を応用している。

K540はアラウンドイヤータイプを採用したモデルで、イヤーパッドと耳との接触を最低限に抑えた構造により、装着感の向上を図っている。周波数特性は16Hz〜24kHzで、カラーはブラック。

K520はオンイヤータイプを採用。密着度を高め、中低域のエネルギッシュなサウンド再生を充実させたという。周波数特性は18Hz〜24kHzで、カラーはホワイトとなっている。

両機種とも耐久性を高めるため、アジャスター部分に金属を使用した新デザインのヘッドバンドを採用。頭と接触する部分にはメッシュ素材を取り入れることで、装着感の向上を追求している。加えて質量についても、K540が230g、K520が161gと軽量化を図った。また、イヤーパッドは本体から取り外して水洗いが行える。

ケーブルは信号の伝送ロスや歪みの低減を狙い、高純度OFCケーブルを採用。K540には、より純度の高いOFC素材を使用している。

【問い合わせ先】
ハーマンインターナショナル(株)
問い合わせ総合窓口
TEL/050-5561-1560
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドAKG
  • 型番K540
  • 発売日2010年11月下旬
  • 価格¥OPEN(想定実売価格15,000円前後)
【SPEC】 ●周波数特性:16Hz〜24kHz ●感度:95dB/mW ●インピーダンス32Ω ●ケーブル長:3m ●質量230g
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドAKG
  • 型番K520
  • 発売日2010年11月下旬
  • 価格¥OPEN(想定実売価格12,000円前後)
【SPEC】 ●周波数特性:18Hz〜24kHz ●感度:93dB/mW ●インピーダンス32Ω ●ケーブル長:3m ●質量161g

関連記事