iPhone対応のマイク付モデルも

ハーマン、AKGのアクティブ・ノイズキャンセリングヘッドホン2モデルを発売

Phile-web編集部
2009年07月24日
ハーマンインターナショナル(株)は、AKGのノイズキャンセリングヘッドホン/イヤホン2モデルを7月下旬に発売する。

・カナル型ノイズキャンセリングイヤホン「K390NC」/¥OPEN(予想実売価格25,000円前後)


K390NC
iPhoneでの使用にも対応するマイク付のノイズキャンセリングイヤホン。カナル型のダイナミックタイプを採用。高性能トランスデューサーを搭載し、バランスの良い高音質再生を実現している。周波数特性は12Hz〜24kHz、感度は110dB/mW、インピーダンスは32Ω。

マイク内蔵のコントロールボタンを備え、iPhoneのリモートコントロールが手元で行える。着信時には簡単に通話に切り換えられ、音楽再生時には再生/一時停止/スキップ/前戻し/音声コントロール(3GSのみ)が行える。また本体にクリップが搭載されており、ポケットなどへ簡単に装着ができる。再生中の音楽をミュートできるボタンも配置。駆動は単4電池1本。


K390NCのヘッドホン部
ケーブルの長さは1m、S/M/L各サイズのイヤーチップが付属するほか、キャリングケースと航空機用変換アダプタ、φ2.5mm入力変換プラグなどが同梱される。


・オーバーヘッド型ノイズキャンセリングヘッドホン「K480NC」/¥OPEN(予想実売価格35,000円前後)


K480NC
オーバーヘッド型のヘッドホン部と、ノイズリダクション・フィルター部をセパレート構造にしたシステムを採用。ヘッドホン部はAKGの“Miniシリーズ”最上位モデル「K450」をベースにしており、「3D-Axis」機構によりコンパクトに折りたたむことができる。ノイズリダクション・フィルターは着脱式としており、付属のケーブルを使用すれば通常のヘッドホンとしても使うことができる。ノイズリダクション・フィルターの駆動電源は単4電池1本。周波数特性は11Hz〜30.5kHz、感度は110dB/mW、インピーダンスは32Ω。

New Supersoftイヤーパッドを採用し、クッションを搭載した新デザインのヘッドバンドとともに快適な装着感を実現。1.1m/0.5mの交換用ケーブルとキャリングケース、航空機用変換アダプタ、φ6.3mm標準プラグ、φ2.5mm入力変換プラグなどが同梱される。


なお、昨年11月から発売延期が告知されていたカナル型ノイズキャンセリングイヤホン「K370」(関連ニュース)についても、7月下旬に発売されることが決まった。本機はiPhoneでの使用も考慮してマイクやリモートコントロールを搭載した点が特徴だ。価格はオープンだが、18,000円前後での販売が予想される。

【問い合わせ先】
ハーマンインターナショナル(株)
TEL/050-5561-1560
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドAKG
  • 型番K390NC
  • 発売日2009年7月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格25,000円前後)
●形式:密閉型 ●周波数特性は12Hz〜24kHz ●感度:110dB/mW ●インピーダンス:32Ω ●質量:4g(ヘッドホン本体のみ)
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドAKG
  • 型番K480NC
  • 発売日2009年7月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格35,000円前後)
●形式:密閉型 ●周波数特性は11Hz〜30.5kHz ●感度:110dB/mW ●インピーダンス:32Ω ●質量:120g(ヘッドホン本体のみ)

関連記事