BR590をさらに低価格化

パナソニック、BDXL対応のエントリーBDレコーダー「DMR-BR585」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2010年11月02日
パナソニック(株)デジタルAVCマーケティング本部は、320GB HDDを搭載したBDレコーダー「DMR-BR585」を11月25日に発売する。価格はオープンだが63,000円前後での販売が予想される。

「DMR-BR585」

本機は、既に発売しているDMR-BR590をベースに、HDD容量を500GBから320GBに縮小。さらに、BR590には付属している「シンプルリモコン」を別売りにしてコストパフォーマンスを高めたエントリークラスのBDレコーダー。

チューナーは地上/BS/110度CSデジタルチューナーと地上アナログチューナーを各1基搭載している。

第4世代のMPEG-4 AVC/H.264エンコーダー「アドバンスドAVCエンコーダー」を搭載し、約2.4Mbpsの「フルハイビジョン10倍録画」に対応している。

BDドライブはBDXLにも対応し、現在販売されている3層のBDXL-Rのほか、今後発売予定の4層BDXL-R、3層BDXL-REへの記録・再生も行える。3層100GBのBDXLディスクへは、地デジのDRモードで約12時間、10倍のAVCモードで約86時間40分記録できる。なおBlu-ray 3Dの再生には対応していない。

EPGでは、最大1ヵ月先までのNHK・WOWOWのおすすめ番組情報を表示可能。おすすめ番組のリストを、まとめて録画予約することもできる。

そのほか機能面では追っかけ再生中のオートチャプターによるスキップ、著作権保護されたコンテンツのBD-RE/R→HDDムーブに対応。録画した番組をワンセグ画質で持ち出せる「番組持ち出し」も行えるほか、ネットワーク機能では「アクトビラビデオ・フル ダウンロード」にも対応している。

再生画質を高める機能では、色のキレを高める「リアルクロマプロセッサ」を搭載。サウンド面ではドルビーTrueHDやDTS-HD MAのフルデコードが可能なほか、帯域を拡張する「マルチチャンネル デジタル リ.マスター」も備える。

初心者の使い勝手にも配慮。別売りのシンプルリモコンを使用したときのみ「かんたんサポート画面」が表示され、予約録画などの基本操作を迷わずに行える。また、シンプルリモコン使用時には、このリモコンで録画した番組だけが表示される仕組みも備えている。

HDMI出力は1系統で、SDメモリーカードスロットも備える。ブルーレイDIGAの他機種と同様、本体の奥行きが199mmとコンパクトなことも特徴となる。

【問い合わせ先】
お客様ご相談センター
TEL/0120-878-365
新着記事を見る
  • ジャンルHDD+BD+DVDレコーダー
  • ブランドPANASONIC
  • 型番DMR-BR585
  • 発売日2010年11月25日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格63,000円前後)
【SPEC】●内蔵HDD:320GB ●デジタルチューナー数:1 ●録画可能ディスク:BD-R/-RE/DVD-RAM/-R/-R DL/-RW ●映像記録圧縮方式:MPEG-2、MPEG-4 AVC/H.264 ●受信チャンネル:地上デジタル1、地上アナログ1 ●出力端子:HDMI×1、コンポジット映像×1、Sビデオ×1、D4映像×1、2chアナログ音声×1、光デジタル音声×1 ●消費電力:約18W ●外形寸法:430W×59H×199Dmm(突起部含まず) ●質量:2.8kg

関連記事